2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

第11回本屋大賞に「村上海賊の娘」が選ばれた。

 【14//2014】

「のぼうの城」から六年。
四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、和田竜の最高傑作!
村上海賊の娘

村上海賊の娘-1
※詳しくは新潮社⇒

全国の書店員が一番売りたい本を投票で選ぶ第11回本屋大賞に、
戦国時代、織田氏と毛利氏の水軍が大阪湾で激突した木津川口の戦いを舞台に、
当時瀬戸内海を席巻した海賊王村上武吉の娘村上景(きょう)の活躍を描いた「村上海賊の娘」が選ばれた。

村上海賊の娘-2
※詳しくは新潮社⇒

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺
織田方の猛攻を雑賀衆の火縄が止め、門徒の勢いを京より急襲した信長が粉砕する。

村上海賊の娘-3
※詳しくは新潮社⇒

海路からの支援を乞われた毛利は「海賊王」と呼ばれた村上武吉に頼ろうとした。
その娘、景は海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女だった…。

村上海賊の娘-4
※詳しくは新潮社⇒

毛利・村上の水軍もついに難波海へ。
村上海賊は毛利も知らぬ禁じ手と秘術を携えていた…。

信長vs本願寺、瀬戸内と難波の海賊ども…。

家の存続を掛け、寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる!
ケタちがいの陸海の戦い!

第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。

村上海賊の娘



CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ



スポンサーサイト

Category: 信長奮闘記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

謎に包まれた桶狭間の真実に迫る決定版

 【27//2014】

センゴク外伝 桶狭間戦記

かつてない視点で描く今川義元vs織田信長
 
乱世を遊んだ男今川義元と、戦国最高の軍師太原崇孚雪斎

血で血を洗う戦乱の時代に出会った2人は日本史上初の戦国大名への道を進み始める…!! 

戦国史上最も有名な合戦を描く、超絶歴史エンターテイメント!! 

いまだ謎に包まれた桶狭間の真実に迫る決定版!!

桶狭間戦記



1.戦国時代最高の軍師 太原崇孚雪斎

駿河の庵原家に生まれた太原崇孚雪斎は、幼くして仏門に入り、僧として生きる事を定められた。

ところが雪斎二十七歳の時、駿河国主今川氏親の懇願を受け、

雪斎は今川家の五男坊方菊丸の教育係を任ぜられる。

この問題児こそ後の今川義元であった。

雪斎と義元はこの運命的な出会いによって乱世へと一歩を踏み出すことになる―。

桶狭間戦記-1





2.人間の欲望を膨張させる魔物

小氷河期による飢饉によって、人々が危機的状況にあった戦国時代

人間の欲望を膨張させる「銭」なる魔物が、日本をさらなる戦乱の世へと駆り立てようとしていた――

若き日の織田信長は、尾張国の商業都市 津島で、その「銭」なるものの魔性を肌で感じていた。

織田家三代に渡って続けられてきた「銭」との戦いの末、信長が勝ち得た「力」とはいかなるものなのか‥‥!?

桶狭間戦記-2





3.間近に迫った桶狭間合戦は‥‥!!

戦国時代という過酷なる生存競争の時代にあって、下剋上の荒波を乗りこなす天才 今川義元と、

主家を追い落とし権勢を手にする下剋上の寵児 織田信長

戦国時代に革命を起こす二人の英傑が、ついに迎える運命の年―― 永禄三年!!

桶狭間戦記-3




4.ついに迎えた運命の年、永禄三年 

天下大疫ともいうべき飢饉の時代

飢饉を乗り越えるために、時代が二人の英傑を引き合わせる!! 

最強の戦国大名へと成長した今川義元尾張へ出陣
 
優れた法度によって自国の国力を高めた義元は、

朝比奈、三浦、岡部、松井、そして松平という最強の布陣で侵攻を開始する。

この軍勢を、果たして織田信長はいかに迎え撃つのか!?

桶狭間戦記-4




5.歴史の転換点となる決戦、その結末は!?

史上最強の戦国大名 今川義元と、下剋上の寵児 織田信長は、何者かに導かれるが如く、

ついに運命の地桶狭間へとたどり着く‥‥。

大軍をもって尾張を攻め落とさんとする今川軍に対し、若き織田信長はいかにして戦い、

そしていかにして歴史を変えたのか!?
 
超絶歴史エンターテイメント、ここに堂々完結!!

桶狭間戦記-5






CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ

Category: 信長奮闘記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

歴史の真実を解き明かす本格戦国コミック

 【27//2014】

センゴク 一統記


時は戦国時代
稲葉山城の戦いで美濃斎藤家の家臣だった仙石権兵衛秀久は、
織田信長に捕らえられ、その部下として織田家中に迎え入れられた。
合戦に明け暮れる過酷な日々の中で権兵衛は、織田信長・羽柴秀吉ら
戦国時代の英傑たちの下で失敗と挽回を繰り返しながら成長してゆく。
センゴク 一統記-1
歴史の真実を解き明かす本格戦国コミック、
待望の第三部!!


宮下英樹が満を持して描く乱世の終焉と新時代の幕開け!!
立身出世を遂げた仙石権兵衛秀久が、そして乱世に生きるすべての人間が、
いまだかつて誰も体験したことのない天下一統の時代へと今、踏み出す‥‥!!

センゴク一統記
時は天正十年、京・本能寺で勃発した日本史上最大の事件本能寺の変‥‥
そこで何があったのか!?
そして仙石権兵衛秀久歴史的大失敗不屈の挽回劇とは!?





センゴク武将列伝
桶狭間、姉川、長篠の合戦を経て覇者へと駆け上る織田信長に仕え、あるいは敵対した戦国武将たち八十余名。
下剋上の世、運命の分水嶺となったのは何か。
信長の生涯を三つに分け、そのときの信長の視点で、彼ら武将たちの正体に迫る。
宮下英樹のイラストが興趣を増すセンゴク武将列伝の決定版
センゴク合戦読本
信長以外に覇権を握る可能性のあった者は誰か。
秀吉と他の武将との決定的な違いは女性の好み!?
一乗谷の要塞都市の完成度は。
乱世を生きた女たちはどこが違う。
戦国大名が常勝を宿命づけられた社会構造とは。
歴史コミック『センゴク』とのコラボから生まれた、戦国を知る論客たちが通説を覆していく論考集。








CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ




Category: 信長奮闘記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

センゴク 天正記

 【27//2014】

センゴク 天正記


センゴク天正記-1
時は戦国時代
稲葉山城の戦いで美濃斎藤家の家臣だった仙石権兵衛秀久は、
織田信長に捕らえられ、その部下として織田家中に迎え入れられた。
合戦に明け暮れる過酷な日々の中で権兵衛は、織田信長・羽柴秀吉ら
戦国時代の英傑たちの下で失敗と挽回を繰り返しながら成長してゆく。

センゴク天正記
第二部
小谷城攻略の功績により大名に取り立てられた羽柴藤吉郎秀吉と共に
仙石権兵衛秀久も一千石の領地を預かる領主となり、家臣団を組織する立場となった。
一指揮官としての成長を迫られながら、未だ続く信長包囲網を戦い抜く。

天正二年(1574年)
長島一向一揆から
長篠の戦い
雑賀攻め
手取川の戦い
中国攻め
天正十年(1582年)
甲州征伐による武田家滅亡までが描かれる。全15巻。




センゴク武将列伝
桶狭間、姉川、長篠の合戦を経て覇者へと駆け上る織田信長に仕え、あるいは敵対した戦国武将たち八十余名。
下剋上の世、運命の分水嶺となったのは何か。
信長の生涯を三つに分け、そのときの信長の視点で、彼ら武将たちの正体に迫る。
宮下英樹のイラストが興趣を増すセンゴク武将列伝の決定版
センゴク合戦読本
信長以外に覇権を握る可能性のあった者は誰か。
秀吉と他の武将との決定的な違いは女性の好み!?
一乗谷の要塞都市の完成度は。
乱世を生きた女たちはどこが違う。
戦国大名が常勝を宿命づけられた社会構造とは。
歴史コミック『センゴク』とのコラボから生まれた、戦国を知る論客たちが通説を覆していく論考集。








CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ







Category: 信長奮闘記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

失敗と挽回を繰り返しながら成長してゆく男

 【27//2014】

センゴク


時は戦国時代
稲葉山城の戦いで美濃斎藤家の家臣だった仙石権兵衛秀久は、
織田信長に捕らえられ、その部下として織田家中に迎え入れられた。
合戦に明け暮れる過酷な日々の中で権兵衛は、織田信長・羽柴秀吉ら
戦国時代の英傑たちの下で失敗と挽回を繰り返しながら成長してゆく。

センゴク
第一部
美濃斎藤家家臣仙石権兵衛秀久は、
美濃を征服した尾張国主織田弾正忠信長に見出され、
その家臣木下藤吉郎秀吉の寄騎となる。
怒涛の勢いで勢力を広げる織田家に危機感を抱いた諸大名の信長包囲網の中、
権兵衛は数々の死闘を潜り抜ける。

永禄十年(1567年)
稲葉山城の戦いから
金ヶ崎の退き口
姉川の戦い
比叡山焼き討ち
三方ヶ原の戦い
一乗谷城の戦いを経て、
天正元年(1573年)
小谷城の戦いによる浅井家の滅亡までが描かれる。全15巻。





センゴク武将列伝
桶狭間、姉川、長篠の合戦を経て覇者へと駆け上る織田信長に仕え、あるいは敵対した戦国武将たち八十余名。
下剋上の世、運命の分水嶺となったのは何か。
信長の生涯を三つに分け、そのときの信長の視点で、彼ら武将たちの正体に迫る。
宮下英樹のイラストが興趣を増すセンゴク武将列伝の決定版
センゴク合戦読本
信長以外に覇権を握る可能性のあった者は誰か。
秀吉と他の武将との決定的な違いは女性の好み!?
一乗谷の要塞都市の完成度は。
乱世を生きた女たちはどこが違う。
戦国大名が常勝を宿命づけられた社会構造とは。
歴史コミック『センゴク』とのコラボから生まれた、戦国を知る論客たちが通説を覆していく論考集。








CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ







Category: 信長奮闘記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。