FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

第十三代征夷大将軍の死

 【07//2012】

第十三代征夷大将軍の死


永禄八年(1565年)五月十九日
室町幕府第十三代征夷大将軍足利義輝は、三十歳の生涯終えた。
松永弾正少弼久秀(まつながだんじょうしょうひつひさひで)三好三人衆(みよしさんにんしゅう)が、
主君三好左京大夫義継(みよしさきょうのだいぶよしつぐ)とともに、将軍義輝の従兄弟に当たる
足利左馬頭義栄(あしかがさまのかみよしひで)を奉じて謀叛を起こし、京都二条御所を襲撃。
将軍足利義輝を殺害している。(永禄の変)。

征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)
「征夷」とは、東夷を征討するという意味で、征夷将軍(大将軍)は、「夷」征討に際し任命された将軍(大将軍)の一つで、太平洋側から進む軍を率いた。
日本海側を進む軍を率いる将軍は、征狄将軍(鎮狄将軍)
九州へ向かう軍隊を率いる将軍は、征西将軍(鎮西将軍)。
これは、「東夷・西戎・南蛮・北狄」と呼ぶ中華思想の「四夷」を当て嵌めたためとされている。
また「征夷大将軍」は「征夷」行為に関して、軍の最高司令官であり天皇の代理人という権能を有していたことから、武人すべての世俗的な最高司令官としての力が備わるようになっていった。
鎌倉中期から明治維新まで、武士が政権を握っていたことから、武士の棟梁としての征夷大将軍は、
事実上の日本の最高権力者であった。
また、天皇によって任命されることから、天皇には世俗的な実力はなくとも、権威は維持することとなった。
源頼朝が征夷大将軍の位を得て鎌倉幕府を開いて後、江戸時代末期まで約675年間にわたって
征夷大将軍を長とする武家政権が続いたが、大政奉還で江戸幕府が消滅し、更に王政復古の大号令を発令した明治新政府によって征夷大将軍の官職は廃止された。

三好三人衆(みよしさんにんしゅう)
三好長慶の死後に、三好政権を支えて畿内で活動した三好長逸・三好政康・岩成友通の3人を指す。
いずれも三好氏の一族・重臣であったためこの名で呼ばれた。

三好 義継(みよし よしつぐ)
三好長慶の実弟・十河一存の子。
長慶の世嗣ぎであった三好義興が早世したため、長慶の養子として迎えられ、三好姓に改めた。
長慶の死後、三好三人衆の支持を受けて家督を継ぎ名実共に三好家の当主となるが、既に重臣の松永久秀や
三好三人衆が主家を凌駕する実力を保持していて、義継は彼らの傀儡に過ぎなかった。

足利 義栄(あしかが よしひで)
室町幕府第十四代将軍。
三好三人衆と松永久秀による完全な傀儡将軍。
室町幕府歴代将軍の中で唯一、本拠地のある京都に一度も足を踏み入れずに終わっている。
日本史上本拠地に入ること無く終わった将軍は、義栄と徳川慶喜の2人しかいない。


ルイス・フロイス(Luís Fróis)著:Historia de Japam(日本史)によると、
事件前日の永禄八年(1565年)五月十八日
謀反を知った将軍義輝は、難を避けるため、いったん御所を脱出している。
しかし、奉公衆ら義輝の近臣は、将軍の権威を失墜させると反対し、義輝とともに討死する覚悟を示して説得を行ったため、義輝も不本意ながら御所に戻ったという。
将軍足利家三好家との確執には、義輝の幕権強化の手段としての方法に問題があった。
実権と将軍専制に固執した義輝の存在は、多くの幕府吏僚にとって煙たい存在であったといえる。
また、自身の権力基盤を強化することを優先した義輝は、将軍家を尊重する姿勢は一貫して崩さなかった三好修理大夫長慶をも排除する姿勢をとった事も、永禄の変を招いた大きな原因であったと考えられている。

フロイス日本史(フロイスにほんし)
正式にはHistoria de Japam
戦国時代末期の日本でキリスト教の布教活動を行ったイエズス会宣教師ルイス・フロイスによる編年体歴史書。


CATEGORY/カテゴリ
戦国乱世を駆け抜けた武士の見た夢
今も語り継がれる歴史に名高い英雄たちは、時代の渦の中で、どのように生き抜いたのか。
戦国城下町
戦国虎太郎が戦国の地に建造させた巨大城下町。
第三章 永禄記
1558年から1570年までの12年間を指すこの時期に、
織田信長が天下布武を掲げ、覇道の道を進む事になる。
スポンサーサイト

Category: 永禄記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。