2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

国盗り物語

 【05//2014】

天下の権力者


織田弾正忠信秀三河の覇権をめぐり、
駿河、遠江の太守今川冶部大輔義元松平次郎三郎広忠連合軍に小豆坂の戦いで勝利し、
三河安祥城を拠点に西三河での領国拡大に日々紛争していたころ、

西の美濃国では、斎藤新九郎利政という梟雄が戦国大名として名乗りを挙げた。


戦国Check✓

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

今川 義元(いまがわ よしもと)
戦国時代の武将。駿河国及び遠江国の守護大名。官位は治部大輔。今川氏第十一代当主。
婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
寄親、寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才能を発揮して
今川氏の戦国大名への転身を成功させた。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、
尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて戦死した。

松平 広忠(まつだいら ひろただ)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎、次郎三郎、三郎、岡崎三郎。
三河松平家第八代当主。徳川家康の父。官位は贈従二位大納言。
「守山崩れ」で老臣阿部定吉と共に伊勢、遠江へ逃れ、
天文六年(1537年)、今川義元の支援により岡崎城への帰還を果たす。
以後、今川方部将として、尾張の織田信秀と戦うことになる。

美濃国(みののくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東山道に位置する。別称は濃州(のうしゅう)。
領域はおおむね現在の岐阜県の南部。
多藝郡、石津郡、不破郡、安八郡、池田郡、大野郡、本巣郡、席田郡、方県郡、厚見郡、各務郡、山県郡、武藝郡、
郡上郡、加茂郡、可児郡、土岐郡、恵奈郡の十八郡から成る。

斎藤 道三(さいとう どうさん)
戦国時代の武将。通称は新九郎。官位は山城守、左近大夫。美濃斎藤家初代当主。
「美濃の蝮」の異名を持ち、下克上によって戦国大名に成り上がったとされる人物。
名としては、法蓮房、松波庄五郎(庄九郎)、西村正利(勘九郎)、長井規秀(新九郎)、長井秀龍(新九郎)、
斎藤利政(新九郎)、道三などが伝わる。

梟雄(きょうゆう)
残忍で強く荒々しいこと。また、その人。悪者などの首領にいう。
戦国三大梟雄として、「北条早雲」「斎藤道三」「松永久秀」を主に指す。

猛き黄金の国 斎藤道三 (集英社文庫) 本宮 ひろ志 (著)
兵は詭道なり 斎藤道三 (学研M文庫) 岩井 三四二 (著)
戦国手帳(2012年版) しのびや.com



美濃国諸旧記(みのうのくにしょきゅうき)によると、
新九郎利政は、明応三年(1494年)に山城国で生まれ、幼少の頃に京都妙覚寺で仏門に入り、
法蓮房という名で修行をしている。

「学は顕密の奥旨を極め、弁舌は富婁那(ふるな:釈迦の弟子で、弁舌の上手)にもおとらず、

内外(内典と外典、仏書と儒書)をよく悟り、頗(すこぶ)る名僧の端」
と評価されるまでになるが、

時は乱世であり、力の時代であった。

時運にめぐまれれば一国一城の主となることも、天下の権力者となることも、
あながち夢ではないと悟った法蓮房は、還俗して油商人 奈良屋又兵衛の娘をめとり、
「山崎屋」として灯油を商う商人となり、松波庄五郎と名乗りを改めた。



戦国Check✓

美濃国諸旧記(みののくにしょきゅうき)
江戸寛永年間頃に戦国時代から安土桃山時代頃の美濃国の歴史を記した書物とされている。
著者不明。成立年代不明などの事から歴史的史料価値には諸説ある。

山城国(やましろのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。畿内に位置する。別称は城州(じょうしゅう)。
領域はおおむね現在の京都府南部。
乙訓郡、葛野郡、愛宕郡、紀伊郡、宇治郡、久世郡、綴喜郡、相楽郡の八郡から成る。

妙覚寺(みょうかくじ)
山城国二条衣棚(現在の京都府京都市上京区)にある日蓮宗本山(由緒寺院)。山号は具足山。
京都ではじめて日蓮宗を布教して洛陽開山と尊称された日像が、元亨元年(1321年)開創。
建武新政から南北朝内乱に至る政局の激動期に巧みに対処し、公武の間にしだいに寺基を安定させた。

顕密(けんみつ)
顕教(けんきょう)と密教(みっきょう)。あわせて仏教全体。

奥旨(おうし)
物事の奥底にある本質。

還俗(げんぞく)
僧侶になった者が、戒律を堅持する僧侶であることを捨て、在俗者・俗人に戻る事をいう。
「復飾」(ふくしょく)とも。




山崎屋創業
庄五郎は、荏胡麻油の専売権を握る大山崎八幡宮 油座からその許可を得て、
京とその周辺において得意の弁舌をふるうことになる。

「およそ油を商う者は桝ではかって漏斗(ろうと・じょうご)から壷にうつす。ところが私のはそうではない。
漏斗を使う代りに、この一文銭の孔を通して一滴もこぼさずに桝から壷にうつしてしまう。」

「そればかりではない。一文銭の孔のフチに油をつけることもなくうつしてみせる。
もしちょっとでも一文銭に油がついたら代はとらぬぞ。さア、一文銭の油売り、買ったり」

一文銭の中央にある穴を通して油を注ぎ、もし穴から油がそれたら油をただで分け与えるという
街頭パフォーマンスをしながら油を売り、これが評判となって、
人々は一文銭の油売りを待ちかねるようになった。

彼はこの行商で大利をあげ、多額の金銀をたくわえたという。

また庄五郎の油売りは、ただ諸国を売り歩くだけの行商(ぎょうしょう)ではなかった。
諸国の風俗情勢などに耳目をすませ、名だたる武将の兵法を学び、
諸国の兵器軍備についてまでも調査し調べ上げていた。

庄五郎は奪い取る国を物色しながら行商の旅を続けていたのである。
そして庄五郎が狙いを付けたのが美濃国であった。


戦国Check✓

荏胡麻油(えごまあぶら)
エゴマ油は種子から絞った油で荏の油(えのゆ)ともいわれ、
食用に、また乾性油なので塗料用(油紙、番傘など)に用いられる。
中世末期に不乾性油の菜種油が普及するまでは、日本で植物油と言えばエゴマ油であり、
灯火にもこれが主に用いられた。

大山崎油座(おおやまざき あぶらざ)
鎌倉時代前期頃から戦国時代末期にかけて、山城国乙訓郡山崎郷一帯(現在の京都府乙訓郡大山崎町および
大阪府三島郡島本町)を本拠に、荏胡麻から作製した油を広範囲に渡って独占販売した特権商人から構成された座。
座の構成員は主として離宮八幡宮の神人であり、石清水八幡宮内殿への灯油貢納を本務とした。
また幕府や朝廷の庇護を受け、原料の仕入れから製油、販売に至るまで独占的な特権を得て、
塩や染料・麹など油以外の商品も扱った。
その販売対象地域は畿内を中心に広範囲に及び、筑前国博多筥崎宮の油座や大和国符坂油座などをしのぐ、
中世日本最大規模の油座であった。



国取り
あるとき庄五郎は、油売りの行商で美濃常在寺を訪ねた。
するとそこで京都妙覚寺での修行時代の法弟であり、学友の日護房(にちごぼう)と再会する。

日護房との運命的な再会で、庄五郎の人生は大きく飛躍する事になる。

庄五郎は日護房の縁故を頼り、美濃守護土岐氏小守護代 美濃関城主長井藤左衛門長弘に近づき、
得意の弁舌を揮い家臣となることに成功している。

ここから庄五郎の国取りが始まる。

庄五郎はその武芸才覚で次第に頭角をあらわし、断絶していた長井家家老職の西村氏の家名を継承し、
西村勘九郎正利と称し、長井長弘の推挙(すいきょ)により、
美濃鷺山城主土岐左京大夫頼芸に仕官する。

その当時、美濃国は土岐家という大名が支配していた。


戦国Check✓

常在寺(じょうざいじ)
美濃国厚見郡今泉(現在の岐阜県岐阜市梶川町)にある日蓮宗京都妙覚寺の末寺。山号は鷲林山。
斎藤道三が妙覚寺の僧だった長井新左衛門尉の美濃国に築いた地位を基盤として、
美濃国主となりこの寺に寺領を与え保護し発展させた。
斎藤道三と長井新左衛門尉が二代にわたり美濃国を制する拠点とした寺である。

美濃関城(みのせきじょう)
美濃国武儀郡(現在の岐阜県関市)にあった城。

長井 長弘(ながい ながひろ)
戦国時代の武将。通称は藤左衛門、弥二郎。官位は越中守。美濃小守護代。美濃関城主。
美濃守護土岐政房の後継を巡り、政房の嫡男頼武と次男頼芸が対立。
頼芸を実質的な守護の座に就かせる為、斎藤道三と共に頼芸を擁立し、頼武を越前に追放する。
事に成功した長弘は、守護代斎藤氏に替わって、美濃の実権を握った。
しかし、「不行跡の罪」或いは「頼武と内通した」として上意討ちの名目で斎藤道三に殺される。

美濃鷺山城(みのさぎやまじょう)
美濃国方県郡鷺山(現在の岐阜県岐阜市鷺山)にあった城。

土岐 頼芸(とき よりあき)
戦国時代の武将。官位は左京大夫、美濃守。美濃守護。美濃土岐家第十五代当主。
斎藤道三に擁立され、兄土岐頼武を越前に追放し、美濃守護となる。
天文二十一年、道三とあらそって敗れ、のち尾張の織田信長をたよったとされる。
鷹の絵が得意で、土岐洞文と同一人物との説もある。

土岐氏(ときし)
家系は清和天皇を祖とする清和源氏の一つ摂津源氏の流れを汲む美濃源氏嫡流として美濃国を中心に栄えた。
五職家の一角を占めるとともに美濃国守護を務め、最盛期には美濃、尾張、伊勢の三か国の守護大名となった。
家紋は水色桔梗紋で、白黒紋でなく彩色紋として知られる。
土岐光衡が戦争で桔梗花を兜に挟んで戦ったのを記念して、家紋としたのが始まりである。
「土岐桔梗」と呼ばれ、旗紋としては水色地に白抜きの桔梗紋が使われた。




次回 第十七話 周辺諸国を巻き込んだ争乱 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ
スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。