2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

戸田流 身代金要求の手口

 【05//2014】

忠義の証


松平家同族間の内部抗争を誘い、岡崎城奪取を目論む、織田弾正忠信秀は、
松平三左衛門忠倫を口説き落とすべく奔走していた。


戦国Check✓

三河岡崎城(みかわおかざきじょう)
三河国額田郡岡崎(現在の愛知県岡崎市康生町)にあった城。

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

松平 忠倫(まつだいら ただとも)
戦国時代の武将。通称は三左衛門。松平清康の弟。松平広忠の叔父。三河佐々木城主。
松平宗家に反抗し続けた人物ではあるが資料が残されておらず、謎の多い人物。



松平家の元凶である愚将広忠を今こそ討つべきである
信秀の諜略に乗せられた忠倫は、

天文十六年(1547年)十月十九日
主君松平二郎三郎広忠のいる三河岡崎城を攻撃する為、軍を進めた。

信秀もまた、松平忠倫を助勢する形で、大軍を岡崎に送って総攻撃の動きをみせた。
信秀の動きを察知した広忠は、今川冶部大輔義元に援軍を求めた。


戦国Check✓

松平 広忠(まつだいら ひろただ)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎、次郎三郎、三郎、岡崎三郎。
三河松平家第八代当主。徳川家康の父。官位は贈従二位大納言。
「守山崩れ」で老臣阿部定吉と共に伊勢、遠江へ逃れ、天文六年(1537年)、今川義元の支援により岡崎城への帰還を果たす。
以後、今川方部将として、尾張の織田信秀と戦うことになる。

今川 義元(いまがわ よしもと)
戦国時代の武将。駿河国及び遠江国の守護大名。官位は治部大輔。今川氏第十一代当主。
婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
寄親、寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才能を発揮して
今川氏の戦国大名への転身を成功させた。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、
尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて戦死した。




信秀同様、三河国を狙う義元は、こうなるであろうことを予期していたのではないだろうか。
傀儡(かいらい)政権を目論む義元にとって、広忠からの後詰め要請は願っても無い好機となった。

岡崎から来た後詰め要請の使者に対し義元は、

「我ら今川に後詰めを請うのであれば、忠義の証しとして嫡男竹千代を質に寄こすべし」

広忠の嫡男竹千代を人質として要求してきたのである。

今川の援助なくしてこの危機的状況を打開する策が無い弱小松平家は、義元のこの要求を呑まざるを得なかった。
そして五歳になった竹千代は、人質として今川家に差し出されることになった。


戦国Check✓

傀儡政権(かいらいせいけん)
事実上の支配者を他の権力者が、背後から管理・統制・指揮している政権である。

後詰め(ごづめ)
先陣に対する控えの軍隊。後陣。予備軍。
救援のため後方に控える予備部隊または援兵およびその救援行動をさす。

城門を潜って 斎藤 秀夫 (著)
東海地域文化研究―その歴史と文化
名古屋学芸大学短期大学部東海地域文化研究所 (編集)
徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話 ライバル敵将篇 (文春文庫) 徳川 宗英 (著)
徳川家康の秘密 永司 千力 (著)
武士道の倫理―山鹿素行の場合 多田 顕 (著)



護送
竹千代護送の任に付いたのは、広忠の岳父でもある三河田原城主戸田弾正少弼康光であった。

一行は岡崎を徒歩で出立し、渥美半島に入って老津の浜から舟で駿府まで送り届けられる予定であったが、
一行を乗せた舟は何故か三河湾を西に進み、尾張国の織田弾正忠信秀のもとに到着したのである。

戸田康光は今川家に背くことなく忠誠を誓っていた男であったが、
先年、義元に一門の戸田金七郎宣成が滅ぼされた事がきっかけで、同じ末路をたどることを恐れ、
尾張の織田弾正忠家にも(よしみ)を通じていたのである。


義元が広忠の嫡子竹千代を、人質として要求している事を康光から聞きつけた信秀は、
康光に竹千代奪取の話を持ちかけていた。これが世に謂う「竹千代強奪事件」である。


戦国Check✓

三河田原城(みかわたはらじょう)
三河国渥美郡田原(現在の愛知県田原市田原町巴江)にあった城。

戸田 康光(とだ やすみつ)
戦国時代の武将。通称は孫四郎。官位は弾正少弼。三河田原城主。
三河国渥美郡大崎郷を領した、渥美郡田原城主 戸田弾正忠憲光の嫡孫。
田原城を根拠に渥美半島、三河湾一帯に勢力を振るった。
初名は渥美半島統一をなした曽祖父宗光にあやかり、宗光と名乗るが、松平清康に従属して、偏諱を受けて康光と改める。

老津の浜(おいつのはま)
三河国渥美郡豊橋老津浜(現在の愛知県豊橋市老津町)辺りの浜。

駿府(すんぷ)
駿河国の国府が置かれた都市 駿河国府中(現在の静岡県静岡市駿河区)の略。

戸田 宣成(とだ のぶなり)
戦国時代の武将。通称は金七郎、橘七郎、三郎兵衛尉。三河今橋城主。
三河国渥美郡大崎郷を領した、渥美郡田原城主 戸田弾正忠憲光の次男。
天文六年 今橋城主牧野田兵衛尉成敏を退けて宣成が城主となる。
これにより、戸田氏は渥美郡に田原城、二連木城を有していたものに宣成の今橋城を加えて、
渥美郡の要部(現在の豊橋市)を天文十年までにはほぼ制圧した。



三河物語では、永楽銭千貫文とある。
これは信秀が、竹千代を戸田康光から買い取った値段である。

永楽銭千貫文は、現在の貨幣価値に換算すると約一億五千万円といわれている。

竹千代を人質に取った信秀は、織田・松平の同盟を持ちかけるが、

広忠はこの同盟に応ずるどころか、
「息子を殺さんと欲せば即ち殺せ、吾一子の故を以て信を隣国に失はんや」と言い放ったとある。

信秀はこれを聞いて「広忠良将なり」と感歎したという。

こうして竹千代は織田家の客人として菩提寺である萬松寺に預けられ、
この寺で二年間余りの人質生活を送ることになる。


戦国Check✓

三河物語(みかわものがたり)
大久保忠教によって書かれた、徳川氏と大久保氏の歴史と功績を交えて武士の生き方を子孫に残した家訓書。
徳川の世になるまでの数々の戦の記録と泰平の世となってからの忠教の経験談や考え方などが全三巻にまとめられている。

永楽銭(えいらくせん)
中国、明朝第三代皇帝・永楽帝の時代に鋳造された銅銭。
表面に「永楽通宝」の文字があり、室町時代に輸入され、江戸初期まで盛んに流通したが、1608年禁止された。

菩提寺(ぼだいじ)
代々その寺の宗旨(しゅうし=宗派)に帰依(きえ=仏教にすがること)して、先祖の位牌を納めてある寺。菩提所。
菩提とは「死後の冥福」を指し、菩提を弔う寺院という意味である。

萬松寺(ばんしょうじ)
尾張国愛知郡那古野(現在の愛知県名古屋市中区大須)にある曹洞宗寺院。山号は亀岳山。
天文九年(1540年)、織田備後守信秀が、織田家の菩提寺として開基。
御本尊は十一面観世音菩薩。曹洞宗、大本山總持寺の末寺。
開山は信秀の伯父 大雲永瑞大和尚といわれる。
大殿を中心に七堂伽藍の備わった一大寺院、敷地は約五万五千坪に及んだという。



次回 第二十七話 第二次利政討伐戦 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ



スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。