2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

救世主として、白羽の矢が立った

 【05//2014】

白羽の矢が立つ

自国の尾張統一も難しい上に、隣接する三河国と美濃国の両国を敵に回すことは、
弾正忠家にとって極めて不利であると考えていた織田弾正忠信秀は、
美濃の斎藤家との同盟に奔走(ほんそう)することになる。


戦国Check✓

尾張国(おわりのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は尾州(びしゅう)。
領域はおおむね現在の愛知県西部にあたる。
智多郡、愛智郡、春日井郡、丹羽郡、葉栗郡、中嶋郡、海東郡、海西郡の八郡から成る。

三河国(みかわのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は三州または参州 (さんしゅう)
領域はおおむね現在の愛知県東部にあたる。
碧海郡、額田郡、渥美郡、八名郡、加茂郡、幡豆郡、宝飯郡、設楽郡の八郡から成る。

美濃国(みののくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東山道に位置する。別称は濃州(のうしゅう)。
領域はおおむね現在の岐阜県の南部。
多藝郡、石津郡、不破郡、安八郡、池田郡、大野郡、本巣郡、席田郡、方県郡、厚見郡、各務郡、山県郡、武藝郡、郡上郡、
加茂郡、可児郡、土岐郡、恵奈郡の十八郡から成る。

織田弾正忠家(おだだんじょうのちゅうけ)
尾張国守護代、清洲織田氏(大和守家)に仕える清洲三奉行家の一つ。
弾正忠家の元々の系譜は定かではないが、室町時代、当時の守護代である織田常松の家臣に織田弾正なる人物がいたことが
分かっており、その子孫がのちの清洲三奉行の一家である弾正忠家と推測されている。
①織田良信②織田信定③織田信秀④織田信長⑤織田信忠⑥織田秀信

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

斎藤氏(さいとうし)
美濃の斎藤氏は、美濃目代として越前から移り住み、室町時代に美濃守護土岐氏に仕え、その守護代となり勢力を揮った。
戦国時代に至り、その名跡を斎藤道三が継承し、守護土岐頼芸を追放して美濃国主となる。




織田弾正忠家家老 平手中務丞政秀が美濃まで出向き、
織田弾正忠信秀の嫡子 三郎信長と、斎藤山城守利政の息女 濃姫との婚約を整え、

天文十八年(1549年)二月二十四日
濃姫の輿入れが行われた。
信長十六歳、濃姫十五歳の時であった。



戦国Check✓

平手 政秀(ひらて まさひで)
戦国時代の武将。通称は五郎左衛門。官位は監物、中務丞。尾張志賀城主。織田信秀、信長の二代に仕えた重臣。
主に外交面で活躍し、茶道や和歌などに通じた文化人であり、朝廷との交渉役も務めた。
天文二十二年(1553年)閏一月十三日、うつけ者と言われた若年の信長の奇行を諫め諫死。

濃姫(のうひめ)
戦国時代から江戸時代初期の女性。織田信長の正室。
美濃国主 斎藤山城守道三の娘で、光秀の従兄妹とも伝えられる。
天文十八年(1549年)、十五歳で織田信長に嫁いだ。
このとき父道三は短刀を渡し、信長が愚か者ならこれで刺せと諭した。
濃姫は、父上を刺すことになるかも知れないと返答したという。



この頃、駿河の今川冶部大輔義元の勢力は、日増しに強大化しており、
その勢力は西三河にまでおよび、織田弾正忠家は非常に危険な状態となっていた。

美濃の斎藤家との同盟は、織田弾正忠家にとって生き残りをかけた最後の砦となる事は必定であった。

その為、確固たる同盟の証として、織田弾正忠家嫡男「正室」を迎えるという大義名分が必要であった。
そこで正室 土田御前(どたごぜん)の子・三郎信長に白羽の矢が立つことになる。

織田三郎五郎信広弾正忠家督継承権が失われたのもこの頃かと思われる。


戦国Check✓

今川 義元(いまがわ よしもと)
戦国時代の武将。駿河国及び遠江国の守護大名。官位は治部大輔。今川氏第十一代当主。
婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
寄親、寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才能を発揮して
今川氏の戦国大名への転身を成功させた。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、
尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて戦死した。

西三河(にしみかわ)
令制国の三河国の西半分で、矢作川流域の碧海郡、幡豆郡、額田郡、加茂郡から成る地方である。

土田御前(どたごぜん)
戦国時代・安土桃山時代の女性。
織田信秀の継室(織田達勝息女が最初の正室であるが離縁)。実名は不明。別称は花屋夫人。法名は報春院花屋寿永大禅尼。
織田信長、織田信行、織田秀孝、織田信包、お市の方、お犬の方の生母。

織田 信広(おだ のぶひろ)
戦国時代から安土桃山時代の武将。通称は三郎五郎。官位は大隈守。
織田信秀の子。織田信長の異母兄。
信秀の長男であるが、生母が側室ということから織田弾正忠家の一族(家臣)扱いであった。
異母弟信長に仕え、上洛後は京都で室町幕府との連絡役をつとめる。
天正二年(1574年)九月二十九日長島一向一揆鎮圧の際、討死。

真似てみたい 武士の妻の作法 杉山頴男 (著)
三日月竜異聞~伊達政宗嚆矢 (無頼コミックス) 堤 芳貞 (著)
秀吉の謀りごと―冴えわたる智謀の数々 森住 正愛 (著)
火の姫 (文芸社文庫) 秋山 香乃 (著)
信長の血脈―三大英傑因縁譚99 (学研M文庫) 新田 完三 (著)
信長協奏曲 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 石井 あゆみ
蝶の紫 Collie Falcon Scott (原著)
戦国激女100人伝 乱世を駆け抜けたすごい美女がいた



余談ではあるが
白羽の矢が立つとは、抜擢される例えとして多く使われているが、語源の由来としては、
神へのお供え物として人間の体を捧げる人身御供(ひとみごくう)に由来する。

神に生贄として差し出される少女の家の屋根に、目印として白羽の矢が立てられたという
俗信(ぞくしん)から犠牲者として選び出される意味となった。

白羽の矢の話は別にして、
三郎信長織田弾正忠家継承者であるという事が、
周知の事となったのはこの頃からではないかと思われる。



次回 第三十六話 戦国の姫 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ
スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。