2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

社長と会長の奇妙な関係

 【05//2014】

社長と会長


織田三郎信長は、織田弾正忠家の家督を継承し、引き続き尾張那古野城を居城としていた。

父・織田弾正忠信秀の居城 尾張末森城は、弟の勘十郎信行が相続している。
信秀の正室土田御前は、次男と同居している。

織田弾正忠家の居城尾張末森城を弟の信行が相続し、母の土田御前と共に暮らしている。

まるで織田弾正忠家の家督を継承したのは、勘十郎信行のような感じすらする。

そして信行は、兄信長を差し置いて代々の当主が名乗ってきた弾正忠の官途(かんと)を名乗るようになり、
織田弾正忠信行で公的書類に署名までする始末。

しかも、もともと奇行が多く、家臣の心を掴んでいない三郎信長に対して、優等生的な立ち振る舞いであった弟の勘十郎信行こそが当主にふさわしいと考える者が多かった。


諸事乱暴すぎる信長では、乾坤一擲(けんこんいってき)の危険な瀬戸際で、
いつ破滅の淵にひきずりこまれるか、知れたものではない。

それにひきかえ、行儀作法をこころえ勉学にも精励(せいれい)し、思慮分別がある
勘十郎信行に家督を継承させれば、父信秀のように所領を広げることができる猛将でなくとも、
現状を維持してゆける器量さえあれば、家来衆の暮らしも安穏(あんおん)というものである。


戦国Check✓

織田弾正忠家(おだだんじょうのちゅうけ)
尾張国守護代、清洲織田氏(大和守家)に仕える清洲三奉行家の一つ。
弾正忠家の元々の系譜は定かではないが、室町時代、当時の守護代である織田常松の家臣に織田弾正なる人物がいたことが
分かっており、その子孫がのちの清洲三奉行の一家である弾正忠家と推測されている。
①織田良信②織田信定③織田信秀④織田信長⑤織田信忠⑥織田秀信

尾張那古野城(おわりなごやじょう)
尾張国愛知郡那古野(現在の愛知県名古屋市中区二の丸)にあった城。

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

尾張末森城(おわりすえもりじょう)
尾張国愛知郡末森(現在の愛知県名古屋市千種区城山町)にあった城。

織田 信行(おだ のぶゆき)
戦国時代の武将。通称は勘重郎、勘十郎。官位は弾正忠、武蔵守。
織田信秀の三男。織田信長の同母弟。尾張末森城主。
林秀貞、柴田勝家らに担がれて兄信長と戦うが大敗し降伏する。
弘治三年十一月二日、信長に清洲城に誘い出され謀殺される。

土田御前(どたごぜん)
戦国時代・安土桃山時代の女性。
織田信秀の継室(織田達勝息女が最初の正室であるが離縁)。実名は不明。別称は花屋夫人。法名は報春院花屋寿永大禅尼。
織田信長、織田信行、織田秀孝、織田信包、お市の方、お犬の方の生母。

弾正台(だんじょうだい)
律令体制時代の二官八省の政府機関から独立した監察、警察機関。
太政大臣を除く全官人の取り締まりと、非法違法の摘発を任務とした。
弾正台の四等官
弾正尹(いん)
官位相当は従三位。長官(かみ)にあたる職。
弾正弼(ひつ)
官位相当は正五位下。次官(すけ)にあたる職。
弾正忠(ちゅう)
官位相当は正六位上。判官(じょう)にあたる職。
弾正疏(そ)
官位相当は正八位上。主典(さかん)にあたる職。

官途(かんと)
官吏の職務、または地位。官職。

乾坤一擲(けんこんいってき)
運命をかけて大勝負をすること。

あるじは信長 岩井 三四二 (著)
織田信長の経営塾 北見 昌朗 (著)
織田信長はなぜ「天才」と言われるのか 武田 鏡村 (著)
織田信長と戦国武将 天下取りの極意 (講談社プラスアルファ文庫) 泉 秀樹 (著)
下天は夢か (角川文庫) 津本 陽 (著)
最強の英傑たちに学ぶ 勝ちの掟 津本 陽 (著)
真実の「日本戦史」戦国武将編 (宝島SUGOI文庫) 家村 和幸 (著)



またこの頃から信長は、織田上総介信長と名乗るようになる。

信長公記によると、
「信長自ら任じた」とある。
当時、官職・受領名を勝手に通称とすることは、珍しくなく行われていた。

律令制度に基づく官職で国を治める者を総称して国司と呼んでいた。
国司は、「守」「介」「掾」「目」の四つの役職で分けられており、というのは国司の次官という官職名とされていた。


天文二十三年(1554年)十一月付
祖父江九郎右衛門に宛た判物に信長は、上総守で署名している。

「ん?」「守?」
信長は「介」では無く、「守」を称していたのか?

ではなぜ信長は、長官である「守」から次官である「介」へ変更したのか。



律令制時代、上総国常陸国上野国の三ヶ国は、親王(皇族)の任国とされていた。

親王任国とされていた上総では、「守」に任じられるのは、皇族だけであった。
そのため実際に実務を掌握していたのは、次官である「介」であり、「守」の役割を担っていた。


因みに今川家が世襲している「上総介」は、足利将軍家の御連枝として、特別な地位である事を誇示するもので、
吉良家の「上野介」も同様の意味をもっていた。

信長は安易な考えで、東海に覇を唱える今川家を意識して「介」の上官にあたる「守」を名乗ったのではないのだろうか。

「常識にとらわれぬ自由な発想」とかではなく、
知らなかった信長は、本気で上総守を自称していたものと思う。

しかし、
翌二十四年(1555年)二月以降
信長は、「上総介」で署名している。

「気づいた様である」

傳役の平手中務丞政秀は、一体何をしていたのだろうか・・・・・。


戦国Check✓

上総国司(かずさのこくし)
地方行政官として中央から派遣された官吏。
常陸国・上野国とともに親王が国司を務める親王任国。
上総国司の四等官
上総守(かみ)
親王が国司を務める親王任国の為、空位。
上総介(すけ)
官位相当は正六位下。国司の次官にあたる職。実質的には長官。
上総掾(じょう)
官位相当は正七位下。国司の三等官(中央政府における「判官」に相当する)。
上総目(さかん)
官位相当は従八位上。国司の四等官(中央政府における「主典」に相当する)。

律令制度(りつりょうせいど)
律令に基づき運営されていた中央集権的な国家体制。

国司(こくし)
古代から中世の日本で、地方行政単位である国の行政官として中央から派遣された官吏で、四等官である守(かみ)、介(すけ)、掾(じょう)、目(さかん)等を指す。
中央からの支配のかなめは国司にあった。

上野国司(こうずけのこくし)
地方行政官として中央から派遣された官吏。
常陸国・上総国とともに親王が国司を務める親王任国。
上野国司の四等官
上野守(かみ)
親王が国司を務める親王任国の為、空位。
上野介(すけ)
官位相当は正六位下。国司の次官にあたる職。実質的には長官。
上野掾(じょう)
官位相当は正七位下。国司の三等官(中央政府における「判官」に相当する)。
上野目(さかん)
官位相当は従八位上。国司の四等官(中央政府における「主典」に相当する)。

平手 政秀(ひらて まさひで)
戦国時代の武将。通称は五郎左衛門。官位は監物、中務丞。尾張志賀城主。織田信秀、信長の二代に仕えた重臣。
主に外交面で活躍し、茶道や和歌などに通じた文化人であり、朝廷との交渉役も務めた。
天文二十二年(1553年)閏一月十三日、うつけ者と言われた若年の信長の奇行を諫め諫死。

戦国大名の通知表 八幡 和郎 (監修)
戦国名将・智将・梟将の至言 (学研M文庫) 楠戸 義昭 (著)
戦国武将 起死回生の逆転戦術 榎本 秋 (著)
トンデモ日本史の真相 史跡お宝編 (文芸社文庫) 原田 実 (著)
内閣総理大臣 織田信長 (ジェッツコミックス) 志野 靖史 (著)
信長の忍び (ジェッツコミックス) 重野なおき
信長のシェフ (芳文社コミックス) 梶川 卓郎




一部上場を狙う企業の跡取りが、
ど派手な特攻服にモヒカン頭、愚連隊を引き連れて、日夜集会を行う暴走族のリーダー三郎と、
地元の進学校に通い、日夜勉学に励み生徒会長をも務める爽やかな弟勘十郎

社員一同の生活がかかっている会社を任せたくなるのは果たしてどちらなのか・・・・。

新しい就職口など見つからず、骨身を削って働いてやっと重役にまで登りつめた役員達の思いはどうなるのか。

亡くなった先代が決めた跡取りが果たして正しいのかという疑問に、
一部の役員達は、会社を任せるのは勘十郎こそがふさわしいと決断

役員達に薦められるがまま勘十郎は、先代が作った新社屋で「社長」として名乗りをあげることになる。

一方、三郎は、弟に新社屋と一部の役員まで付けて与え、自分は先代の腹心でもあった老人と共に
旧社屋で「会長」と呼ばせながら事の経緯を黙視していた。



次回 第四十七話 新当主の器 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ

スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。