2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

テイッ(怒り)!おれの器量が推し量れるのかよ!

 【05//2014】

新当主の器


尾張、三河国境において、織田家家臣山口左馬助教継山口九郎次郎教吉親子が、
三河国人安部与五左衛門と密会をしていた。

「尾張鳴海城主 山口左馬助 謀叛」

織田上総介信長に、「当主の器なし」と見限ったのである。

山口左馬助は、かねてより織田弾正忠信秀に目をかけられ臣従していたが、信秀が亡くなるとほどなくして謀叛を企て、駿河、遠江の大守今川治部大輔義元に内通し、駿河衆に味方して尾張国へ乱入する。


戦国Check✓

尾張国(おわりのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は尾州(びしゅう)。
領域はおおむね現在の愛知県西部にあたる。
智多郡、愛智郡、春日井郡、丹羽郡、葉栗郡、中嶋郡、海東郡、海西郡の八郡から成る。

三河国(みかわのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は三州または参州 (さんしゅう)
領域はおおむね現在の愛知県東部にあたる。
碧海郡、額田郡、渥美郡、八名郡、加茂郡、幡豆郡、宝飯郡、設楽郡の八郡から成る。

山口 教継(やまぐち のりつぐ)
戦国時代の武将。通称は左馬助。尾張鳴海城主。
織田信秀に重用され、尾張の南東部の備えとして、三河国境の要地 鳴海城主を務めた。
しかし信秀の死後、子の信長の代になると、織田弾正忠家から離反し、駿河・遠江の太守であった今川家に寝返る。
しかしのちに織田家への再度の寝返りを企てたと今川義元に疑われ、子の教吉や戸部新左衛門とともに殺害された。

山口 教吉(やまぐち のりよし)
戦国時代の武将。通称は九郎次郎。
織田信秀が死亡して信長がその後を継ぐと、鳴海城城主であった父とともに今川義元に寝返る。
しかしのちに織田家への再度の寝返りを企てたとして駿河へ呼び出され、義元の命により父子ともども切腹を強いられ果てた。

国人(こくじん)
主に鎌倉時代の地頭層から発し、南北朝時代から室町時代にかけて諸国の開発に推進した武士層のこと。
国人領主。国衆(くにしゅう)、国人衆。

尾張鳴海城(おわりなるみじょう)
尾張国愛知郡鳴海(現在の愛知県名古屋市緑区)にあった城。

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

今川 義元(いまがわ よしもと)
戦国時代の武将。駿河国及び遠江国の守護大名。官位は治部大輔。今川氏第十一代当主。
婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
寄親、寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才能を発揮して
今川氏の戦国大名への転身を成功させた。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、
尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて戦死した。

おきらく戦国まんが直江兼続と愉快な仲間たち NAL=ASK (著)
桶狭間戦記-センゴク外伝 宮下 英樹 (著)
桶狭間合戦の真実 (SPコミックス) 江川 達也 (著)
織田信長軍団100人の武将 谷口 克広 (著), 岡田 正人 (著)
織田三代記 羽生 道英 (著)
織田信長 講談社漫画文庫 横山光輝



織田家を裏切り、今川家と誼(よしみ)を通じる山口左馬助教継は、信長に対抗すべく、
居城尾張鳴海城に、嫡男九郎次郎教吉を入れて城主とし、笠寺中村に砦や要害を築き、

笠寺には、葛山播磨守長嘉を総大将に、岡部五郎兵衛元信三浦左馬助義就飯尾豊前守連竜浅井小四郎政敏の駿河五人衆を在城させ、

中村の砦には、左馬助教継が自ら立て籠もり、信長に叛旗を翻(ひるがえ)した。


尾張領内の反乱分子を叩かねば、尾張下四郡の土豪は、信長に従うはずは無い。
彼らが信秀に臣従していたのは、信秀の武略を信用していたからである。

信長が、信秀の後継者としてふさわしい、「勇猛な武将である」と証明できれば、
土豪たちはみずからの家運を賭け、信長に忠誠を尽くす事になるだろう。

信長にとっては、必ず勝たなければならない戦であった事は言うまでもない。

しかし「信長の器量」を推量し、動かない土豪たちはあてにはならない以上、
信長は、平手中務丞政秀ら直属の譜代衆馬廻り衆の兵力のみで、左馬助親子を叩かなければならなかった。


戦国Check✓

笠寺(かさでら)
尾張国愛知郡笠寺(現在の愛知県名古屋市南区笠寺)辺りの地。

中村(なかむら)
尾張国愛知郡中村(現在の愛知県名古屋市中村区)辺りの地。

葛山 長嘉(かづらやま ながよし)
戦国時代の武将。官位は播磨守。駿河東部の国人領主。伊勢氏一門衆。今川家臣。
赤塚の戦いでは、山口教吉の援軍として岡部元信、飯尾連竜、浅井政敏らと共に笠寺に入り織田信長を牽制した。

岡部 元信(おかべ もとのぶ)
戦国時代の武将。通称は五郎兵衛。官位は丹波守。今川家臣。
祖父の岡部親綱は今川氏の重臣であり、今川義元の家督相続に重要な役割を果たした。
元信自身も遠江および三河の平定に大きく貢献した武将の1人。尾張の鳴海城在番となる。

三浦 義就(みうら よしなり)
戦国時代の武将。通称は左馬助。今川家臣。
祖先は源頼朝に仕えて源平合戦で活躍した三浦氏で、駿河国に移住した一族が義就の家系となった。
その後、駿河の今川義元の家臣として仕える。
天文二十年、義元から尾張笠寺砦の守将に任じられた。

飯尾 連竜(いいお つらたつ)
戦国時代の武将。通称は善四郎。官位は豊前守。遠江曳馬城主。今川家臣。
駿河飯尾氏の出自は三善氏といわれ、元々室町幕府の奉公衆であり、今川義忠の代に駿河国に下向、
以来代々今川氏家臣として仕えた。
桶狭間の戦いで、今川義元が討ち死にすると、他の国人領主とともに今川家を離反し、徳川家康に通じた。
その後、今川氏真と講和を結んだものの、駿府の今川館に呼びつけられた際に謀殺される。

浅井 政敏(あざい まさとし)
戦国時代の武将。通称は小四郎。今川家臣。
主君今川氏輝が急死し、それに続く花倉の乱で今川一族が淘汰された中、
今川義元の妹婿であった事から近縁者として重宝された。
桶狭間の戦いで、城代として沓掛城を守備していたが、今川義元が討たれると城を捨て駿河国へ戻ったとされる。

尾張下四郡(おわりしもよんぐん)
尾張国海東郡、海西郡、愛知郡、知多郡(現在の愛知県名古屋市から知多半島)に及ぶ範囲。

土豪(どごう)
その土地に勢力がある豪族のこと。
一般的には有力な豪族の傘下にあるか、あるいは独立した在地の数村を支配する小さな勢力の豪族のことを指す。

平手 政秀(ひらて まさひで)
戦国時代の武将。通称は五郎左衛門。官位は監物、中務丞。尾張志賀城主。織田信秀、信長の二代に仕えた重臣。
主に外交面で活躍し、茶道や和歌などに通じた文化人であり、朝廷との交渉役も務めた。
天文二十二年(1553年)閏一月十三日、うつけ者と言われた若年の信長の奇行を諫め諫死。

譜代(ふだい)
父から子へ、子から孫へというように同一血統の中で正しく継承が行われてきた家系及び、
その族姓・系統の正しさを証明する系譜類などを指す。
また、特定の主家に代々仕えてきた家臣の系統を指して「譜第の臣」「譜第の者」などとも称した。

馬廻り(うままわり)
戦国時代に生まれた武家の職制のひとつである。
騎馬の武士で、大将の馬の周囲(廻り)に付き添って護衛に当たったり、伝令や決戦兵力として用いられた。



天文二十一年(1552年)四月十七日
信長は小桜縅胴丸具足(こざくらおどしどうまるぐそく)を付け、肥馬(ひば)にまたがり、八百の精兵を率い、
卯の刻(午前六時)に尾張那古野城大手門を出陣

信長公記によると、
「織田上総介信長公十九の御年、人数八百計りにて御発足、中根村をかけ通り小鳴海へ移られ、三の山へ御あかり侯のところ、

御敵山口九郎二郎、廿の年、三の山の十五町東、なるみより北、赤塚の郷へは、なるみより十五、六町あり。

九郎二郎人数千五百計りにて、赤塚へかけ出で侯。」


信長は馬廻り兵八百を率いて逆臣 山口親子の討伐に向かい、小鳴海の三の山に陣を構えた。
これに対して山口九郎次郎勢千五百は、三の山から十五町先の赤塚に繰り出してきた。


後に天下に名を知らしめる事になる信長馬廻り衆の活躍は凄まじく、
倍の兵力を有する山口勢千五百と互角に渡り合い、その日のうちに帰城している。

信長は山口親子の討伐は出来なかったものの、劣勢にもかかわらず、
敵と互角に渡り合う麾下(きか)の将兵に満足していた。
山口左馬助親子、応援の駿河衆に、武威を充分に示す事ができたのである。

乱戦であったため、敵味方の死人、怪我人の数はおびただしく、山口勢の戦死者の中には、
勇猛で名を馳せていた足軽大将 萩原助十郎、中嶋又二郎ら歴々の衆も多かった。
世に謂う赤塚合戦は、織田上総介信長の器を世に知らしめるのに十分な戦果であった。

優勢のうちに事を納めた戦績は、尾張下四郡の土豪たちにも、衝撃を与えることとなった。


戦国Check✓

尾張那古野城(おわりなごやじょう)
尾張国愛知郡那古野(現在の愛知県名古屋市中区二の丸)にあった城。

信長公記(しんちょうこうき または のぶながこうき)
安土桃山時代の戦国大名織田信長の一代記。著者は太田牛一。
信長の幼少時代から信長が足利義昭を奉じて上洛した永禄十一年(1568年)までを首巻とし、
上洛から本能寺の変が起きた天正十年(1582年)の記録が全十六巻にまとめられている。

三の山(さんのやま)
尾張国愛知郡鳴海(現在の愛知県名古屋市緑区鳴海町三王山)辺りの山。

赤塚(あかつか)
尾張国愛知郡赤塚(現在の愛知県名古屋市緑区鳴海町赤塚)辺りの地。





次回 第四十八話 萱津の原の激突 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ


スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。