2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

本拠地で記念すべき1勝

 【05//2014】

萱津の原の激突


尾張清洲城は、尾張守護斯波氏の居城であった。
しかしこの頃の尾張は、守護斯波治部大輔義統も、守護代織田大和守信友も力を失っており、
実権は守護代家 家老坂井大膳が握っていた。

大膳は、尾張那古野城の西南に位置する尾張深田城、さらに近傍の尾張松葉城を制圧し、
織田上総介信長 討伐の軍を起こそうと企てていた。


戦国Check✓

尾張国(おわりのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は尾州(びしゅう)。
領域はおおむね現在の愛知県西部にあたる。
智多郡、愛智郡、春日井郡、丹羽郡、葉栗郡、中嶋郡、海東郡、海西郡の八郡から成る。

尾張清洲城(おわりきよすじょう)
尾張国春日井郡清須(現在の愛知県清須市一場)にあった城。

守護職(しゅごしき)
鎌倉幕府、室町幕府が置いた武家の職制で、国単位で設置された軍事指揮官、行政官である。
令外官である追捕使が守護の原型であって、後白河法皇が源頼朝に守護、地頭の設置と任免権を認めたことによって、
幕府の職制に組み込まれていった。

斯波氏(しばし)
家系は清和天皇の血をひく清和源氏の一つ河内源氏棟梁 鎮守府将軍源義家の子である義国を祖とする足利氏の有力一門。
室町時代に幕府の三管領筆頭となった一族であり、越前、若狭、越中、山城、能登、遠江、信濃、尾張、加賀、安房、佐渡などを
領した守護大名、戦国大名。
また一門は奥州探題、羽州探題を代々歴任し、一時は九州探題、関東管領にも任じられた。

斯波 義統(しば よしむね)
戦国時代の武将。官位は左兵衛佐、治部大輔。斯波武衛家第十四代当主。尾張国守護。
父斯波義達が今川氏親に敗れたあと尾張守護となり、守護代織田信友に擁立されて清洲城にはいる。
信友の専権をおさえるため、密かに織田信長に内通するが、それが信友の知るところとなり、
天文二十三年七月十二日、信友の家臣 坂井大膳により殺害される。

守護代(しゅごだい)
鎌倉時代と室町時代に守護の下に置かれた役職。
守護は、家臣の中から代官を任命して実際の政務を代行させた。
これが守護代である。
守護代も自らの代理人たる小守護代を置き、守護任国における土地支配構造はきわめて重層的であったといえる。

織田 信友(おだ のぶとも)
戦国時代の武将。通称は彦五郎。官位は大和守。織田大和守家第八代当主。
別称は清洲織田氏。尾張下四郡守護代。尾張清洲城主。
主家である斯波氏当主 斯波義統を傀儡の守護として擁立するが、信友自身も家臣である坂井氏や河尻氏に
家中の主導権を握られていたようである。
また元々は家来筋であった清洲三奉行の一人、織田弾正忠家当主 織田信秀と尾張国の覇権をめぐって争った。

坂井 大膳(さかい だいぜん)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は大膳。官位は大膳亮。
織田大和守家臣。尾張小守護代、又守護代。
坂井甚助、河尻与一、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

尾張那古野城(おわりなごやじょう)
尾張国愛知郡那古野(現在の愛知県名古屋市中区二の丸)にあった城。

尾張深田城(おわりふかだじょう)
尾張国海東郡深田(現在の愛知県あま市七宝町桂字城之堀)にあった城。

尾張松葉城(おわりまつばじょう)
尾張国海東郡松葉荘(現在の愛知県海部郡大治町西條字南屋敷)にあった城。




信長公記によると、

深田・松葉両城手かはりの事

「八月十五日に清洲より坂井大膳、坂井甚介、河尻与一、織田三位申し談じ、松葉の城へ懸け入り、織田伊賀守人質を取り、

同松葉の並びに、深田と云ふ所に織田右衛門尉居城、是れ叉、押し並べて両城同前なり。

人質を執り堅め、御敵の色を立てられ侯。」



天文二十一年(1552年)八月十五日
坂井大膳は、弟の坂井甚介、河尻左馬丞与一、織田三位らと、信長方の支城 尾張松葉城、深田城に攻撃を仕掛け、
松葉城の織田伊賀守と、深田城の織田右衛門尉信次を降伏させ、信長討伐の軍を起こした。


戦国Check✓

信長公記(しんちょうこうき または のぶながこうき)
安土桃山時代の戦国大名織田信長の一代記。著者は太田牛一。
信長の幼少時代から信長が足利義昭を奉じて上洛した永禄十一年(1568年)までを首巻とし、
上洛から本能寺の変が起きた天正十年(1582年)の記録が全十六巻にまとめられている。

坂井 甚介(さかい じんすけ)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は甚介。織田大和守家老 坂井大膳の弟とされる。
坂井大膳、河尻与一、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

河尻 与一(かわじり よいち)
戦国時代の武将。通称は左馬丞。織田大和守家臣。
坂井大膳、坂井甚助、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

織田三位(おだ さんみ)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は三位。織田大和守家臣。
坂井大膳、坂井甚助、河尻与一らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

織田 信次(おだ のぶつぐ)
戦国時代から安土桃山時代の武将。通称は孫十郎。官位は右衛門尉。織田信秀の弟であり、織田信長の叔父にあたる。
尾張深田城主→尾張守山城主。
兄の織田信光が守山城から那古野城へ移る際、後任の守山城主となる。
弘治元年、信次の家臣があやまって信長の弟、秀孝を射殺したため、逃亡するがのちゆるされて守山城主にもどった。
天正二年、伊勢長島の一向一揆との戦いで討死。

織田信長 事典 
織田信長 戦国最強の軍事カリスマ 
織田信長―天下取りを目前にして消えた戦国随一の武将 
織田信長と戦国武将 天下取りの極意 (講談社プラスアルファ文庫) 泉 秀樹 (著)
織田信長に学ぶ 
織田信長の経営塾 




深田城主織田右衛門尉は、信秀の異腹の弟であり、松葉城主織田伊賀守は、信長の血縁であるとされているが、
謎の人物である。
信長の身辺の血族がこぞって、坂井大膳により調略されてしまう。

知らせを聞いた信長はすぐに、叔父である織田孫三郎信光に加勢を要請し、尾張清洲城攻撃に出陣。

天文二十一年(1552年)八月十六日
両軍は萱津(かやづ)の原で激突する。


戦国Check✓

織田 信光(おだ のぶみつ)
戦国時代の武将。通称は孫三郎、法名は梅岩または梅厳。
織田信秀の弟で、織田信長の叔父にあたる。
武勇に優れ、兄信秀に従い武功を挙げ、小豆坂七本槍の一人として名を馳せた。
信秀の死後は、家督を継いだ甥の信長をよく補佐した。

萱津(かやづ)
尾張国海東郡萱津(現在の愛知県海部郡甚目寺町)辺りの地。


「織田上総介信長、御年十九の暮八月、此の由をきかせられ、八月十六日払暁に那古野を御立ちなされ、

稲庭地の川端まで御出勢、守山より織田孫三郎殿懸け付けさせられ、松葉口、三本木口、清洲口、三方手分けを仰せ付けられ、

稲庭地の川をこし、上総介、孫三郎殿一手になり、海津ロヘ御かかり侯。」


信長は八月十六日払暁(ふつぎょう)に那古野を立ち、稲葉地の庄内川まで進軍。
ここで織田孫三郎信光の援軍と合流し、兵を分けて松葉、深田を攻めさせ、
みずからは川を渡って萱津へと進んだ。


「清洲より三十町計り踏み出だし、海津と申す村へ移り侯。信長八月十六日辰の刻、東へ向つてかかり合ひ、

数刻、火花をちらし相戦ふ。

孫三郎殿手前にて、小姓立の赤瀬清六とて、数度武篇いたすおぼえの仁体、先を争ひ、坂井甚介に渡り合ひ、散貼に暫く相戦ひ、討死。

終に清洲衆切り負け、片長、坂井甚介討死。頸は中条小一郎、柴田権六相討つなり。

此の外、討死、坂井彦左衛門、黒部源介、野村、海老半兵衛、乾丹波守、山口勘兵衛、堤伊与を初めとして、歴々五十騎計り、
枕をならべて討死。」



萱津は清洲から三十町の位置にある。
ここで信長勢と清洲勢とが激突

数刻の戦いののち坂井大膳は、織田上総介信長によって撃破され、坂井甚介ら五十余人が討死
松葉・深田の両城も降伏し、信長は撤退した敵を追い清洲に至り、田畠薙ぎをして引き揚げた。


戦国Check✓

稲葉地(いなばじ)
尾張国愛知郡稲葉地(現在の愛知県名古屋市中村区城屋敷町)辺りの地。

田畠薙ぎ(でんばくなぎ)
敵地の田畑の作物を刈り取ったり焼き払ったりして、兵糧にダメージを与えること。


この萱津の戦いこそ、信長にとって記念すべき戦いであった。
この戦いの勝利によって、新しい弾正忠家の当主織田上総介信長が、並々ならぬ人物であることが、
尾張国内に示されたからである。

この合戦には既に柴田権六勝家や丹羽五郎左衛門尉長秀、池田勝三郎恒興、前田又左衞門利家ら後の重臣たちも参戦し、
前田利家にとっては初陣でもあった。


戦国Check✓

柴田 勝家(しばた かついえ)
戦国時代から安土桃山時代の武将。通称は権六郎、権六。官位は左京大進、修理亮。
はじめ織田信行、ついで信長に仕えて戦功をたて、越前北庄城主となる。
本能寺の変後、信長の後嗣(こうし)をめぐり羽柴秀吉と対立。
賤ケ岳の戦いに敗れ、妻お市の方(信長の妹)とともに天正十一年自刃(じじん)。

丹羽 長秀(にわ ながひで)
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は五郎左衛門尉。官位は越前守。
織田信長に仕え、近江佐和山城主となる。
信長の死後、羽柴秀吉とともに明智光秀をやぶり、清洲会議では秀吉を支持。
賤ケ岳の戦いでも秀吉に従い、越前、若狭と加賀半国を領有した。

池田 恒興(いけだ つねおき)
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は勝三郎、官位は紀伊守(自称)。
尾張織田家重臣。織田信長、豊臣秀吉に仕える。清洲会議における四宿老の一人。

前田 利家(まえだ としいえ)
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は又左衞門、又左。官位は左近衛権少将兼筑前守、右近衛権中将、参議、
権中納言、権大納言。豊臣政権五大老の一人。加賀金沢藩主前田家の祖。
織田信長に仕えて諸征服戦に従軍し、越前平定後は柴田勝家のもとで佐々成政、不破光治と府中三人衆として施政に当たる。
本能寺の変の後は、賤ケ岳の戦いで秀吉に従い、豊臣政権下において五大老のひとりに列せられた。


次回 第四十九話 古今に比類なき家臣 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ


スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。