2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

天道は我にあり!!

 【05//2014】

クーデター



天文二十二年(1553年)七月十二日
尾張清洲城内でクーデターが起こる。

尾張国守護斯波治部大輔義統が、
守護代織田大和守信友とその家老坂井大膳によって殺害されたのである。

義統が、織田大和守信友の暗殺を企てている事を知った坂井大膳が、信友にその計画を密告

それを知った信友が激怒し、嫡男の斯波左兵衛佐義銀が家臣を率いて川狩りに出かけた隙を突いて、
家老坂井大膳とともに守護所に攻め入り、義統を殺害する。


戦国Check✓

クーデター
一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。
「国家に対する一撃(攻撃)」を意味し、社会制度と支配的なイデオロギーの政治的な転換については革命、
統治機構に対する政治的な対抗については反乱、政治的な目的を達成するための計画的な暴力の行使については
テロリズム、単一国家の国民が階級や民族・宗派などに分かれて戦う武力紛争については内戦などと分けられる。

尾張国(おわりのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は尾州(びしゅう)。
領域はおおむね現在の愛知県西部にあたる。
智多郡、愛智郡、春日井郡、丹羽郡、葉栗郡、中嶋郡、海東郡、海西郡の八郡から成る。

尾張清洲城(おわりきよすじょう)
尾張国春日井郡清須(現在の愛知県清須市一場)にあった城。

守護職(しゅごしき)
鎌倉幕府、室町幕府が置いた武家の職制で、国単位で設置された軍事指揮官、行政官である。
令外官である追捕使が守護の原型であって、後白河法皇が源頼朝に守護、地頭の設置と任免権を認めたことによって、
幕府の職制に組み込まれていった。

斯波 義統(しば よしむね)
戦国時代の武将。官位は左兵衛佐、治部大輔。斯波武衛家第十四代当主。尾張国守護。
父斯波義達が今川氏親に敗れたあと尾張守護となり、守護代織田信友に擁立されて清洲城にはいる。
信友の専権をおさえるため、密かに織田信長に内通するが、それが信友の知るところとなり、天文二十三年七月十二日、
信友の家臣 坂井大膳により殺害される。

守護代(しゅごだい)
鎌倉時代と室町時代に守護の下に置かれた役職。
守護は、家臣の中から代官を任命して実際の政務を代行させた。
これが守護代である。
守護代も自らの代理人たる小守護代を置き、守護任国における土地支配構造はきわめて重層的であったといえる。

織田 信友(おだ のぶとも)
戦国時代の武将。通称は彦五郎。官位は大和守。織田大和守家第八代当主。
別称は清洲織田氏。尾張下四郡守護代。尾張清洲城主。
主家である斯波氏当主 斯波義統を傀儡の守護として擁立するが、信友自身も家臣である坂井氏や河尻氏に
家中の主導権を握られていたようである。
また元々は家来筋であった清洲三奉行の一人、織田弾正忠家当主 織田信秀と尾張国の覇権をめぐって争った。

坂井 大膳(さかい だいぜん)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は大膳。官位は大膳亮。
織田大和守家臣。尾張小守護代、又守護代。
坂井甚助、河尻与一、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

斯波 義銀(しば よしかね)
戦国時代から安土桃山時代の武将。官位は左兵衛佐、治部大輔。斯波武衛家第十五代当主。尾張国守護。
天文二十三年、父斯波義統が、尾張守護代の織田信友に殺害されたあと、織田信長に擁立され、斯波家当主となるが、
三河国の吉良氏、石橋氏とむすんで信長に敵対したため、信長によって尾張国を追放される。

守護所(しゅごしょ)
中世日本において守護が居住した館の所在地。
守護の政治的権限の拡大とともに政庁所在地としての機能が国衙より移されていった。

逆境を打ち破った男たちの名言 武士の一言 火坂 雅志 (著)
逆説の日本史4 信長全史 井沢 元彦 (著)
逆渡り 長谷川 卓 (著)
ギャルバサラ 戦国時代は圏外です (KCG文庫) 飯山満 (著)
空白の桶狭間 加藤 廣 (著)
黒田家三代―戦国を駆け抜けた男達の野望 池田 平太郎 (著)
軍師の門 (角川文庫) 火坂 雅志 (著)
軍配者 富樫 倫太郎 (著)



信長公記によると、

武衛様御生害の事

「七月十二日、若武衛様に御伴申す究竟(くきょう)の若侍、悉(ことごと)く川狩に罷(まか)り出でられ、

内には、老者の仁体纔(じんたいわずか)に少貼相残る。

誰々在之と指折り、見申し、坂井大膳、河尻左馬丞、織田三位談合を究め、今こそ能き折節なりと、

焜と四方より押し寄せ、御殿を取り巻く。」



「四方屋の上より弓の衆さし取り引きつめ、散貼に射立てられ、相叶わず、御殿に火を懸け、

御一門数十人歴々御腹めされ、御上衆(じょうろうしゅう)は堀へ飛び入り、渡り越し、たすかる人もあり。

水におぽれ死ぬるもあり、哀れなる有様なり。」



館に火をかけられ、斯波治部大輔義統をはじめ一門衆数十人ことごとく自害したという。


戦国Check✓

信長公記(しんちょうこうき または のぶながこうき)
安土桃山時代の戦国大名織田信長の一代記。著者は太田牛一。
信長の幼少時代から信長が足利義昭を奉じて上洛した永禄十一年(1568年)までを首巻とし、
上洛から本能寺の変が起きた天正十年(1582年)の記録が全十六巻にまとめられている。

武衛家(ぶえいけ)
斯波氏の嫡流、すなわち室町幕府の管領をつとめた家柄をいう。
武衛とは兵衛府の唐名で、室町時代以降の斯波氏当主が代々左兵衛督や左兵衛佐に任ぜられたことに由来する。

河尻 与一(かわじり よいち)
戦国時代の武将。通称は左馬丞。織田大和守家臣。
坂井大膳、坂井甚助、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

織田三位(おだ さんみ)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は三位。織田大和守家臣。
坂井大膳、坂井甚助、河尻与一らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。




次回 第五十三話 大和守の陰謀 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ
スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。