2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

戦国の渡る世間は鬼ばかり

 【05//2014】

信長の叔父


織田孫三郎信光は、織田弾正忠信秀の弟であり、織田上総介信長の叔父にあたる人物とされている。
信光は、武篇者と伝えられており、松平・今川連合軍と激突した小豆坂でも功名を挙げ、小豆坂七本槍の一人に数えられる程の猛将であった。


信長公記によれば、
「備後殿御舎弟織田孫三郎殿一段武篇者なり」と記されている程である。

織田信秀の死後、弾正忠家は三郎信長派勘十郎信行派に分裂するが、信光は信長に協力し、
平手中務丞政秀が諫死するという事件後も、信長をよく補佐し、信長の信任も厚くまた家中でも一目置かれる存在であった。


戦国Check✓

織田 信光(おだ のぶみつ)
戦国時代の武将。通称は孫三郎、法名は梅岩または梅厳。
織田信秀の弟で、織田信長の叔父にあたる。
武勇に優れ、兄信秀に従い武功を挙げ、小豆坂七本槍の一人として名を馳せた。
信秀の死後は、家督を継いだ甥の信長をよく補佐した。

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

武篇者(ぶへんもの)
戦場で勇敢に戦う者のこと。武勇のある人。

小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい)
岡崎城に近い三河国額田郡小豆坂(現在の愛知県岡崎市)で行われた戦国時代の合戦。
三河側の今川氏・松平氏連合と、尾張から侵攻してきた織田氏の間で二度にわたって繰り広げられた戦い。

小豆坂七本槍(あずきざかしちほんやり)
小豆坂の戦いの際に活躍した織田氏の勇士七人を顕彰した呼称。
織田信光、織田信房、岡田重能、佐々政次、佐々孫介、中野一安、下方貞清の七名。

信長公記(しんちょうこうき または のぶながこうき)
安土桃山時代の戦国大名織田信長の一代記。著者は太田牛一。
信長の幼少時代から信長が足利義昭を奉じて上洛した永禄十一年(1568年)までを首巻とし、
上洛から本能寺の変が起きた天正十年(1582年)の記録が全十六巻にまとめられている。

織田 信行(おだ のぶゆき)
戦国時代の武将。通称は勘重郎、勘十郎。官位は弾正忠、武蔵守。
織田信秀の三男。織田信長の同母弟。尾張末森城主。
林秀貞、柴田勝家らに担がれて兄信長と戦うが大敗し降伏する。
弘治三年十一月二日、信長に清洲城に誘い出され謀殺される。

平手 政秀(ひらて まさひで)
戦国時代の武将。通称は五郎左衛門。官位は監物、中務丞。尾張志賀城主。織田信秀、信長の二代に仕えた重臣。
主に外交面で活躍し、茶道や和歌などに通じた文化人であり、朝廷との交渉役も務めた。
天文二十二年(1553年)閏一月十三日、うつけ者と言われた若年の信長の奇行を諫め諫死。

諫死(かんし)
死んでいさめること。また、死を覚悟していさめること。


天文二十一年(1552年)八月十五日
清洲 織田大和守家 家老 坂井大膳が、坂井甚介、川尻与一、織田三位らと共謀し、
織田上総介信長と対峙した萱津の戦いでも、信光は、居城守山城から出陣し、
主家筋である清洲勢との合戦に従軍している。

そして、
天文二十三年(1554年)
村木攻城戦でも、信長勢と共に今川勢との合戦に挑んでいる。


戦国Check✓

尾張清洲城(おわりきよすじょう)
尾張国春日井郡清須(現在の愛知県清須市一場)にあった城。

織田大和守家(おだやまとのかみけ)
尾張守護職・斯波氏の被官である織田氏の一族。
尾張八郡の内、下四郡を支配する守護代。別称は清洲織田氏。
元々は尾張守護代の「織田伊勢守家」の分家にてその代官である又守護代の地位にあったという。

坂井 大膳(さかい だいぜん)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は大膳。官位は大膳亮。
織田大和守家臣。尾張小守護代、又守護代。
坂井甚助、河尻与一、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

坂井 甚介(さかい じんすけ)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は甚介。織田大和守家老 坂井大膳の弟とされる。
坂井大膳、河尻与一、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

河尻 与一(かわじり よいち)
戦国時代の武将。通称は左馬丞。織田大和守家臣。
坂井大膳、坂井甚助、織田三位らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

織田三位(おだ さんみ)
戦国時代の武将。諱は不詳。通称は三位。織田大和守家臣。
坂井大膳、坂井甚助、河尻与一らと共に清洲織田大和守家の実権を握っていた。

萱津の戦い(かやづのたたかい)
天文二十一年八月十六日に尾張国萱津で行われた織田大和守家と織田弾正忠家との戦い。
萱津合戦、海津の戦いとも呼ばれる。

尾張守山城(おわりもりやまじょう)
尾張国春日井郡守山(現在の愛知県名古屋市守山区市場)にあった城。

城の楽しみ方完全ガイド 小和田 哲男 (監修)
城は踊る 岩井 三四二 (著)
城めぐりがもっと楽しくなる!お城の地図帳 (タツミムック)
知れば知るほど面白い 戦国武将 (じっぴコンパクト新書) 二木 謙一 (監修)
真実の「日本戦史」戦国武将編 (宝島SUGOI文庫) 家村 和幸 (著)


村木攻城戦 序章
尾張国境付近を拠点とする水野下野守信元は、水野家の家督を継承すると、今まで織田家、今川家、松平家の間を上手に渡り歩いた父忠政のやり方が性に合わず、独立を決意する。

信元のこの判断は、後に「正しかった」と思わせる判断ではあるが、非常に危険な賭けであった。

駿河国主 今川治部大輔義元を裏切り、尾張の半国すら有しない織田上総介信長と運命を共にするのである。
正気の沙汰ではない。

今川義元を裏切った信元は、織田弾正忠家との同盟関係を磐石なものとする為、
居城を三河刈谷城から尾張緒川城へと移し、今川義元に備えた。


戦国Check✓

今川 義元(いまがわ よしもと)
戦国時代の武将。駿河国及び遠江国の守護大名。官位は治部大輔。今川氏第十一代当主。
婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
寄親、寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才能を発揮して
今川氏の戦国大名への転身を成功させた。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、
尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて戦死した。

水野 信元(みずの のぶもと)
戦国時代の武将。通称は藤四郎。官位は下野守。徳川家康の生母於大の方の異母兄。
織田信長に仕え、桶狭間(おけはざま)の戦いなどで奮戦するが後に武田氏への内通の疑いを受け、
主君信長の命で天正三年十二月二十七日切腹。

村木(むらき)
尾張国知多郡村木(現在の愛知県知多郡東浦町)辺りの地。

三河刈谷城(みかわかりやじょう)
三河国碧海郡刈谷(現在の愛知県刈谷市城町)にあった城。

尾張緒川城(おわりおがわじょう)
尾張国知多郡小河(現在の愛知県知多郡東浦町緒川)にあった城。



水野下野守信元討伐に動き出した、今川治部大輔義元は、
刈谷城と緒川城との連絡経路の封鎖
尾張侵攻の最前線基地として、
村木の地に砦を築き、松平甚太郎忠茂を守将として守らせ、三千人の駿河兵を派遣した。

刈谷と緒川の連絡経路を絶たれ、危機的状況に陥った信元は、信長に援軍を要請

敵中に孤立した水野信元に援兵を送らず見殺しにすれば、今川勢はそのまま前進し、尾張になだれ込んでくることは明白である。

しかし、家中は分裂状態であり、しかも清洲城内ではクーデターが起こり、
織田大和守家と対峙している状況であった為、信長はとても救援に向かう余裕などはない状態であった。

この危機的状況を救ってくれたのが、
叔父である織田孫三郎信光と、岳父であり同盟者の斎藤山城守道三であった。

道三は、腹背に敵をひかえる信長のために、那古野城の留守居役として、加勢する約束をしてくれていた。
信長からの援軍要請を受けた道三は、安藤伊賀守守就に、一千の兵を与え信長に差し向けている。
道三からすれば、信長を滅亡させては、今後、今川義元の圧迫を直接受けることになるとの考えからであった。

戦国Check✓

松平 忠茂(まつだいら ただしげ)
戦国時代の武将。通称は甚太郎。東条松平家第二代当主。
当主松平広忠が天文十八年に急死(暗殺死)して以降、松平宗家の今川氏への従属が強まり、
松平党への求心力が弱まったため、庶流の東条松平家当主である忠茂は、今川氏に直接帰属して下知を受けることになる。
そのため、他の有力松平分家としばしば対立し合戦に及んでいた。

斎藤 道三(さいとう どうさん)
戦国時代の武将。通称は新九郎。官位は山城守、左近大夫。美濃斎藤家初代当主。
「美濃の蝮」の異名を持ち、下克上によって戦国大名に成り上がったとされる人物。
名としては、法蓮房、松波庄五郎(庄九郎)、西村正利(勘九郎)、長井規秀(新九郎)、長井秀龍(新九郎)、斎藤利政(新九郎)、道三などが伝わる。

尾張那古野城(おわりなごやじょう)
尾張国愛知郡那古野(現在の愛知県名古屋市中区二の丸)にあった城。

安藤 守就(あんどう もりなり)
戦国時代から安土桃山時代の武将。通称は新九郎。官位は伊賀守、日向守。美濃北方城主。
斎藤氏の重臣であり、氏家直元、稲葉一鉄とともに美濃三人衆といわれた。
のち織田信長に属するが、子の尚就(ひさなり)が武田信玄に通じた廉(かど)で、天正八年追放。






次回 第五十八話 村木攻城戦 ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ

スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。