2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

武智麻呂

 【05//2014】

藤原南家の一族



天文十六年(1547年)十月十九日

松平次郎三郎広忠の嫡男 竹千代は、人質として尾張国 織田弾正忠家の館にいた。

今川家への人質として護送の任に就いていた、三河田原城主 戸田弾正少弼康光が、
こともあろうに宿敵織田弾正忠信秀に、永楽銭千貫文で、竹千代を売り渡してしまったのである。


戦国Check✓

松平 広忠(まつだいら ひろただ)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎、次郎三郎、三郎、岡崎三郎。
三河松平家第八代当主。徳川家康の父。官位は贈従二位大納言。
「守山崩れ」で老臣阿部定吉と共に伊勢、遠江へ逃れ、
天文六年(1537年)、今川義元の支援により岡崎城への帰還を果たす。
以後、今川方部将として、尾張の織田信秀と戦うことになる。

尾張国(おわりのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は尾州(びしゅう)。
領域はおおむね現在の愛知県西部にあたる。
智多郡、愛智郡、春日井郡、丹羽郡、葉栗郡、中嶋郡、海東郡、海西郡の八郡から成る。

三河田原城(みかわたはらじょう)
三河国渥美郡田原(現在の愛知県田原市田原町巴江)にあった城。

戸田 康光(とだ やすみつ)
戦国時代の武将。通称は孫四郎。官位は弾正少弼。三河田原城主。
三河国渥美郡大崎郷を領した、渥美郡田原城主 戸田弾正忠憲光の嫡孫。
田原城を根拠に渥美半島、三河湾一帯に勢力を振るった。
初名は渥美半島統一をなした曽祖父宗光にあやかり、宗光と名乗るが、松平清康に従属して、
偏諱を受けて康光と改める。

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。


戸田康光の裏切りを知った今川治部大輔義元は、天野安芸守景泰に命じ、三河田原城を攻撃させている。

戸田家は当初、松平家に服属していたが、清康の死後、次期当主となった広忠が、今川家に従属すことになり、
戸田家も松平家に従い今川家に従属していた。

戸田康光は、於大の方と離縁した広忠に、継室として娘真喜姫を嫁がせており、広忠にとっては岳父であった。
その岳父の裏切りを知った広忠は、三河田原城攻撃に参軍し、天野景泰と共に田原城を陥落させている。


戦国Check✓

天野 景泰(あまの かげやす)
戦国時代の武将。官位は安芸守。駿河今川家臣。天野宗家。
今川家随一の猛将と謳われ、その武勇は遠江だけではなく、三河・相模にも知れ渡っていた。
永禄六年に今川氏に背いて所領を没収され、一族の藤秀が相続した。

従属(じゅうぞく)
権力や威力のあるものに依存して、それにつき従うこと。

松平 清康(まつだいら きよやす)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎。三河松平家第七代当主。徳川家康の祖父。
安祥松平家は清康の代に安城岡崎を兼領し、武威をもって離反していた一族、家臣の掌握を進め西三河の地盤を固めた。

於大の方(おだいのかた)
戦国時代の女性。松平広忠の正室で、徳川家康の母。
尾張国知多郡の豪族 水野忠政とその夫人 於富との間に生まれる。
三河松平家との関係を強化するため、松平広忠の正室となり、長男竹千代(のちの徳川家康)を出産する。
しかし忠政の死後、水野家を継いだ兄 水野信元が今川家と絶縁して織田家に従ったため、
於大は今川家との関係を慮った広忠により離縁され、実家水野家の三河国刈谷城に返された。

真喜姫(まきひめ)
戦国時代の女性。松平広忠の継室。戸田康光の娘。
天文十四年 於大の方(伝通院。徳川家康の生母)を離縁した広忠と結婚。
田原御前と称され、広忠没後も三河岡崎にとどまり元亀二年三月二十九日死去。



始祖
天野安芸守景泰は、遠江天野家の当主であり、今川家随一の猛将と謳われ、
その武勇は遠江だけではなく、三河・相模にも知れ渡っていた。
また、天野家には一騎当千の武者がそろっていたという。

天野家は、伊豆国天野郷を発祥とし、藤原南家の一族であり名門であった。
始祖 天野民部丞遠景は、源頼朝の懐刀として主に暗殺等に携わっていた人物であり、
頼朝により九州惣追捕使に補任され、律令制度上の鎮西統治機関である大宰府の機構に関与してその実権を握り、九州において一定の基盤を作りあげた人物である。


戦国Check✓

天野(あまの)
伊豆国田方郡天野郷(現在の静岡県伊豆の国市天野)辺りの地。

藤原南家(ふじわら なんけ)
南家、北家、式家、京家と並ぶ藤原四家の一つ。
右大臣藤原不比等の長男 藤原武智麻呂を祖とする家系。
藤原武智麻呂の邸宅が、弟の藤原房前の邸宅よりも南に位置したことがこの名の由来。

天野 遠景(あまの とおかげ)
平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。官位は内舎人、左兵衛尉、民部丞。鎮西奉行人。
藤原南家工藤氏の一族で、吉川氏と同族である。
伊豆国田方郡天野に住して、その地名を取り天野氏と称した。
治承四年 源頼朝の挙兵に参加し、源範頼に属し平家追討に功をたてた。
文治元年 鎮西奉行として九州へ赴任。
大宰府の実権を掌握し幕府権力を扶植したが、現地での彼に対する反感が高まり建久ごろ解任。

九州惣追捕使(きゅうしゅうそうついぶし)
日本の律令制下の令外官の一つであり、九州地方における警察・軍事的官職。
諸国の惣追捕使が後に、守護と名前を変え発展していく。

大宰府(だざいふだざいふ)
七世紀後半に、九州の筑前国に設置された地方行政機関。
和名は「おほ みこともち の つかさ」とされる。

おススメの本
信長と織田軍団 (歴史群像シリーズ―新・歴史群像シリーズ)
信長の凱旋 杉浦 八浪 (著)
信長の血脈―三大英傑因縁譚99 新田 完三 (著)
信長の戦争 『信長公記』に見る戦国軍事学
信長の棺 加藤廣 (著)



遠江天野氏
遠景の子孫は各国に分散し、遠江国犬居(いぬい)に犬居城を築き居城とした天野周防七郎左衛門経顕の系統が、
遠江天野氏である。



三河天野氏
遠景を祖とする主な天野家として、徳川家康の家臣として活躍した天野三郎兵衛康景の系統が、
三河天野氏である。

康景は、竹千代の小姓としてその側近くに仕え、竹千代が人質になったときには駿府に同行し、行動を共にしている。
三河時代においては、本多作左衛門重次、高力与左衛門清長と共に岡崎三奉行と称され、

「康景は慎重、重次は剛毅、清長は寛大」

「仏高力、鬼作左、どちへんなきは天野三郎兵衛」と評価されていた。

江戸時代には、徳川将軍家直属の旗本としてその家名を残している。



安芸天野氏
頼山陽(らいさんよう)が刊行した歴史書「日本外史」で、
日本三大奇襲(にほんさんだいきしゅう)とされている合戦の一つである厳島の戦いで、
毛利右馬頭元就に従って活躍した天野隆綱の系統が、安芸天野氏である。



能登天野家
天正五年(1577年)、越後国 上杉弾正少弼謙信の侵攻を受けて滅亡した、
能登守護畠山氏の重臣として活動したのが能登天野家である。


戦国Check✓

遠江国(とおとうみのくに)
かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に位置する。別称は遠州(えんしゅう)。
領域はおおむね現在の静岡県の大井川以西にあたる。
浜名郡、敷智郡、引佐郡、麁玉郡、長上郡、長下郡、磐田郡、山名郡、佐野郡、周智郡、山香郡、城飼郡、
蓁原郡の十三郡から成る。

遠江犬居城(とおとうみいぬいじょう)
遠江国周智郡犬居(現在の静岡県周智郡春野町)にあった城。

天野 康景(あまの やすかげ)
戦国時代から江戸時代初期の武将。幼名は又五郎。通称は三郎兵衛。
天野遠景の後胤といわれ、祖父遠房の代に家康の祖父松平清康に臣属した三河譜代の家柄である。
康景は家康より五歳の年長で、幼少のころから家康に近侍し辛苦をともにした。
三河三奉行の一人で公平無私な言行から〈どちへん(彼是偏)なしの天野三郎兵衛〉の異称がある。

本多 重次(ほんだ しげつぐ)
戦国時代から安土桃山時代の武将。通称は作左衛門。
剛毅な性格とふるまいから「鬼作左」と恐れられた。
七歳から松平清康、広忠、徳川家康と三代にわたって仕え、三河三奉行も務めた。
戦場から留守を預かる妻に宛てた「一筆啓上火の用心お仙泣かすな馬肥やせ」という手紙は短文の好例として有名。
天下人となった豊臣秀吉の母大政所を冷遇したということで秀吉の咎めをうけ、
家康の関東移封後は上総古井戸三千石に閉居された。

高力 清長(こうりき きよなが)
戦国時代から江戸時代初期の武将。通称は新三、与左衛門。官位は従五位下河内守。島原藩高力家初代。
高力氏は熊谷直実の後胤といわれ、三河国高力郷に居住し家康の祖父清康に臣属した。
清長は家康より十二歳年長で駿府人質時代に随従する。
三河一向一揆後、岡崎の三河三奉行をつとめ、「仏高力」の異称で呼ばれた。
財務にも長じた吏僚的武将で、徳川氏の関東入部後、武蔵国岩槻城二万石を領した。

頼山陽(らいさんよう)
江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人。幼名は久太郎。名は襄(のぼる)。字は子成、山陽、三十六峯外史。
主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。
二十一歳で安芸を出奔するが脱藩の罪で自宅幽閉となる。
赦免ののち、京都で開塾し、詩、書に才能を発揮する。
幽閉中に起稿した「日本外史」は、幕末の尊攘派につよい影響をあたえた。
天保三年九月二十三日死去。

厳島の戦い(いつくしまのたたかい)
天文二十四年十月一日(1555年)、安芸国厳島で毛利元就と陶晴賢との間で行われた合戦。

毛利 元就(もうり もとなり)
室町時代後期から戦国時代の武将。幼名は松寿丸。通称は少輔次郎。官位は従四位上 右馬頭 治部少輔 陸奥守。
安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大し、
中国地方の覇者となり「戦国最高の知将」「謀神」などと後世評される。
用意周到かつ合理的な策略及び危険を顧みない駆け引きで自軍を勝利へ導く稀代の策略家として名高い。
子孫は長州藩の藩主となったことから、同藩の始祖としても位置づけられる人物である。




次回 第七十六話 松平広忠暗殺の黒幕は ⇒



CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ


スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。