2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

強攻策では無く、内部崩壊を狙え!!

 【05//2014】

松平家の内部崩壊



縁戚
彗星のような輝きを放つ稀代の英雄松平二郎三郎清康は、
尾張統一を狙う織田弾正忠信秀にとって邪魔な存在でしかなかった。

そこで信秀は、三河国内において同族家中勢力から擁立され、松平宗家に匹敵する勢力を保持していた
三河桜井城主松平内膳正信定に狙いを定め、妹を信定の嫡子与一清定に嫁がせ、
桜井松平家と縁戚関係を結ぶのである。


戦国Check✓

松平 清康(まつだいら きよやす)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎。三河松平家第七代当主。徳川家康の祖父。
安祥松平家は清康の代に安城岡崎を兼領し、武威をもって離反していた一族、家臣の掌握を進め西三河の地盤を固めた。

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の武将。通称は三郎。官位は従五位下、弾正忠、備後守、三河守。
織田弾正忠家第三代当主。織田信長の父。
智勇に優れた武将であり、その豪勇は「尾張の虎」と称されて恐れられた。
また当時の経済流通拠点であった商業都市津島や熱田を支配下に組み込み、織田弾正忠家の礎を築いた。

松平 信定(まつだいら のぶさだ)
戦国時代の武将。通称は与一、内膳正。桜井松平家初代当主。
松平宗家の家督を巡り、兄松平信忠との対立に始まり、甥清康・姪孫(てっそん)広忠と宗家三代にわたり反意を示した。

松平 清定(まつだいら きよさだ)
戦国時代の武将。通称は与一、内膳正。桜井松平家第二代当主。
松平信定の嫡子。正室織田信秀の妹。

三河桜井城(みかわさくらいじょう)
三河国碧海郡桜井(現在の愛知県安城市桜井町)にあった城。

織田三代記 (PHP文庫) [文庫]
松平三代記 清康・広忠・家康、三河から天下へ(PHP文庫) [文庫]
松平家の謎「歴史読本」編集部



家督譲渡
松平内膳正信定は、
二郎三郎清康の叔父にあたる人物で、一門衆筆頭の家格を要しており、松平家の要となる人物であった。
しかし、清康の家督継承に異を唱えた事により、双方は険悪な関係となっていた。

ことの発端は、松平宗家六代当主であった松平左京亮信忠が、早期に隠退させられた事が背景にある。
松平宗家の家憲(その家族や子孫が守るべきおきて。家訓)
当主として必要な条件である「武勇・情愛・慈悲」のいずれもが信忠には備わっていなかった為であった。

信忠は松平党をうまくまとめることができず、
一門衆、家中衆の中から次男の信定を跡継ぎにすべきだという声があがり、
松平党が二派に分裂して対立する事となった。

隣国今川氏の脅威の中で一門、家中の決定的な衝突を回避する必要性があるとした信忠の父松平蔵人丞長親は、
一門衆との協議の上で「信忠の隠居」「嫡男清康への家督譲渡」の方針を定め、
清康を松平宗家第七代当主とした。

しかし、一説によると、信忠派の一門衆のみでこの「家督譲渡の方針」を協議し決定した為、
信定派がこの方針に異を唱えたという説がある。


戦国Check✓

松平 信忠(まつだいら のぶただ)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎、左京亮。官位は従五位下、越前守、左近蔵人佐。
三河松平家第六代当主。
家督継承後に松平党内をまとめることができず、早期に隠退させられて嫡男の清康に家督を譲る。

松平 長親(まつだいら ながちか)
戦国時代の武将。通称は二郎三郎。官位は従五位下、蔵人丞、出雲守。
三河松平家第五代当主。
三河安祥城主として西三河を支配下に置き、東三河を支配していた今川氏親の客将北条早雲に、
永正三年と五年の二度にわたり攻め込まれるが撃退している。
庶子は福釜松平家、桜井松平家、東条松平家、藤井松平家の祖とし、西三河における松平宗家の基礎を築いた。



清康と信定の不仲説はまだまだある。
享禄二年(1529年)
清康は三千余の軍勢を率いて、東三河をめざして三河岡崎城を出陣。
当時 東三河は今川氏の勢力範囲であったが、今川上総介氏輝の代になるとその勢力も弱まり、
清康はこの機に東三河を手に入れようとしていた。

三河今橋城に迫った松平勢は渥美郡下地に布陣[下地合戦]
下地は豊川を挟んだ今橋城の対岸一帯をいう。

三河今橋城主牧野伝蔵信成は兄弟の伝次成高、小伝次成国、新三成村をはじめとする一族を結集。

この時、緒戦の戦況の不利に興奮し、敵中への突撃を試みる清康の行動に対し信定は、
「大将に討ち死にをさせよ」と誰憚(はばか)らず発言し、敢えて清康を制止しなかったという。

戦国Check✓
今川 氏輝(いまがわ うじてる)
戦国時代の武将。通称は五郎。官位は従五位下、上総介。駿河今川家第十代当主。今川義元の兄。

三河今橋城(みかわいまばしじょう)
三河国渥美郡今橋(現在の愛知県豊橋市今橋町豊橋公園内)にあった城。

下地合戦(しもじかっせん)
享禄二年(1529年)五月二十七日に三河国下地で行われた合戦。
東三河に侵攻する猛将松平清康とそれを迎え撃つ三河今橋城主牧野信成との合戦。

牧野 信成(まきの のぶしげ)
戦国時代の武将。通称は伝蔵・田三・田三郎。三河今橋城主(吉田城)。
享禄二年(1529年)、松平清康の進攻を受けて居城今橋城落城。信成は一族郎党七十余名と共に討死。
異説ではあるが、下地合戦、今橋落城を天文元年(1532年)とする説が存在する。


清康と信定の不仲説はまだまだある。
享禄三年(1530年)十一月四日
今橋、田原、牛久保(うしくぼ)、作手(つくで)、田峰(だみね)、野田、西郷、伊奈、設楽(したら)などの勢力は
それぞれ松平方に属したが、八名郡宇利城(うりじょう)主熊谷備中守実長だけは従わなかった。

実長の態度に業を煮やした清康は、宇利の郷に進軍し火を放ち、兵を正面と背面の二手に分け、
城の大手口には松平左京亮親盛  松平内膳正信定
搦手口には松平二郎三郎清康  奥平監物貞勝が布陣し総攻撃を開始。

三河宇利城は前面が沼地で、裏手三方を山で囲まれた登りの険しい地形であるため、松平軍勢は苦戦するものの、
松平方に通じた城内の岩瀬庄右衛門が城に火をつけたため、総崩れとなり宇利城は落城する。

宇利城攻撃に参陣していた信定について、三河物語の記述によれば、
宇利城大手口の寄せ手として、松平内膳正信定は兄の福釜松平左京亮親盛とともに戦うが、
劣勢となった親盛に対し、信定は助勢を送らなかった為、親盛の父子を死なせてしまった。

これが清康の逆鱗に触れ、甥である清康から激しく叱責されたと記されてある。

清康と信定の不仲は、これを深く恨んだためと云う説もある。


戦国Check✓
三河宇利城(みかわうりじょう)
三河国八名郡宇利(現在の愛知県新城市中宇利市場)にあった城。

熊谷 実長(くまがや さねなが)
戦国時代の武将。通称は備中守。三河宇利城主。
源平合戦で活躍した熊谷次郎直実を祖とする一族。
享禄三年(1530年)、松平清康の進攻を受けて居城宇利城にて実長は討死したと言われる。

松平 親盛(まつだいら ちかもり)
戦国時代の武将。通称は三郎次郎、三郎四郎。官位は左京亮。福釜松平家の祖。
松平長親より、福釜と東端を受け継ぎ、福釜城を居城とした。
「戦においては凄腕で他に越す者がいない」と評された人物で、松平宗家に忠誠を尽くし、
甥にあたる松平清康に仕えた。

奥平 貞勝(おくだいら さだかつ)
戦国時代の武将。通称は九八郎、監物。三河作手国人奥平氏当主。
今川氏、松平氏、織田氏、武田氏など、状況に応じてさまざまな陣営を渡り歩いた。
家名を存続させるため、身内同士で争うなど一族に多くの犠牲を強いられる苦難の人生を送りながらも、
自身は天寿を全うした。

三河物語(みかわものがたり)
大久保忠教によって書かれた、徳川氏と大久保氏の歴史と功績を交えて武士の生き方を子孫に残した家訓書。
徳川の世になるまでの数々の戦の記録と泰平の世となってからの忠教の経験談や考え方などがまとめられた家訓書。

三河物語―マンガ日本の古典中公文庫 [文庫] 安彦 良和 (著)
新三河物語-上・中・下巻 (新潮文庫) 宮城谷 昌光 (著)
三河物語 原本現代訳大久保 彦左衛門 (著), 小林 賢章 (翻訳)



織田弾正忠家と縁戚関係を築いた信定は、
尾張緒川城主水野右衛門大夫忠政の嫡男水野藤四郎信元や、
三河大給城主松平和泉守親乗に娘を嫁がせるなど、
三河国内での勢力を日増しに拡大させていった。

また信秀も信定の娘を弟の織田孫三郎信光の妻とし、信定との繋がりをより深めていくのである。
弾正忠家としては、松平宗家の清康に対抗できる勢力を持つ信定と婚姻を重ねることは、
尾張における勢力拡大に向けての大事な同盟であり、信定にとっては松平宗家強奪に信秀の力が必要であった。


戦国Check✓

尾張緒川城(おわりおがわじょう)
尾張国知多郡小河(現在の愛知県知多郡東浦町緒川)にあった城。

水野 忠政(みずの ただまさ)
戦国時代の武将。通称は藤七郎。官位は右衛門大夫、下野守。
尾張緒川城を拠点として知多半島北部をその支配下においていたが、天文二年(1533年)、
三河刈谷に新城刈谷城を築いた。
織田信秀の西三河進攻に協力しつつ、他方では岡崎城主松平広忠、
形原城主松平家広などに娘を嫁がせ領土の保全を図った。

水野 信元(みずの のぶもと)
戦国時代の武将。通称は藤四郎。官位は下野守。徳川家康の生母於大の方の異母兄。
織田信長に仕え、桶狭間(おけはざま)の戦いなどで奮戦するが後に武田氏への内通の疑いを受け、
信長の命により天正三年十二月二十七日切腹。

三河大給城(みかわおぎゅうじょう)
三河国加茂郡大給(現在の愛知県豊田市大内町)にあった城。

松平 親乗(まつだいら ちかのり)
戦国時代の武将。通称は源次郎。官位は和泉守。大給松平家第四代当主。
享禄三年(1530年)、松平清康に従い熊谷氏の居城宇利城を攻め、軍功を挙げた。
また今川家の人質であった徳川家康に随身し駿府に居住している。

織田 信光(おだ のぶみつ)
戦国時代の武将。通称は孫三郎、法名は梅岩または梅厳。
織田信秀の弟で織田信長の叔父にあたる。
武勇に優れ、兄信秀に従い武功を挙げ、小豆坂七本槍の一人として名を馳せた。
信秀の死後は、家督を継いだ甥の信長をよく補佐した。



次回 第九話 守山崩れ ⇒




CATEGORY/カテゴリ
織田信長と戦国武将 トップページ
スポンサーサイト

Category: 天文記

Theme: 歴史

Genre: 学問・文化・芸術

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。